ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

通信制限にサヨナラ 通信容量を節約しネットサーフィングできるブラウザ(iOS)

WiFiが普及したとしても、家に必ずしもWiFiがついてるわけではないですよね。すると 通信制限という悪魔に追われます。

月末の悪魔に対抗すべく、今回は通信制限を気にせずネットサーフィングできるブラウザを紹介します。これはあくまで、予防するだけです。

あとついでにブラウザ比較しましょう。

アプリ

Google Chrome

Googleが提供するブラウザ「Chrome」ですね。PCにも対応しています。また、AppleiOS端末で、サードパーティ製のアプリには、ペナルティーとして、処理能力をSafariの1/2にすると定めています。しかし、ChromeGoogleのオンラインサービスを通じて、サイトを圧縮しSafariの2倍の出力ができます。つまり、通信制限かかっても、多少動くブラウザです。

Puffin freeもしくはPuffin pro

Puffinは、独自のデータ圧縮機能で普通の通信より、70%も節約します。しかも、PCサイトの表示、FlashPlayerの対応、マウスの対応。FlashPlayerは、YouTubeの埋め込みURLや、ビデオ式ゲームをプレイできるソフトです。iOS全てのブラウザで、一番早い 節約できます。

まとめ

iOSアプリは、何かと制限の上で成り立っています。まぁ、それが、世界一安全を確保しているのですが、過保護すぎて、、、