ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

iPhone6 vs iPhone6s vs iPhone7

はい、タイトルの通りのことをします。

実際に、iPhone6 6s 7を色んなジャンルで比較します。

それぞれのジャンルで順位をつけ最後に総合的に順位をつけます。

見た目

iPhoneはモデルというものに統合されます。

IPhone6 はiPhone7,2がモデルです。しかし、iPhone6=iPhone6s≒iPhone7なので、この勝負は

1.iPhone7

2.6 6s

とします。

機能

機能はさすがに最新版が勝るでしょう。iPhone6が古いとなります。

ちなみに、それぞれのiPhoneの新機能は

iPhone6:NFCを使ったApplePay

iPhone6s:3DTouch LiveCamera

iPhone7:FeilCa 耐水防塵 ポートレートカメラ

順位は

1.iPhone7

2.iPhone6s

3.iPhone6

となります。

性能

これは、搭載されるCPUで判断します。

これも、一番古いiPhone6が劣る、、、訳ではありません。

iPhone7には、AppleCore10が搭載されています。これは、モバイルに向けては爆速でとてもいいです。

iPhone6には、AppleCore8が搭載されています。これは、当時としてはそれなりにパワーを持っていましたが、A10におされ、やや劣るというのが現状ですが、まだ爆速です。

iPhone6sには、AppleCore9が搭載されています。これは、A8<A9<A10という、二番目に速いCPUでしたが、iPhone6s発売当初から、CPUの製造元でアタリかハズレがありこの中では最悪ともなり得るため、それを考慮して

1.iPhone7

2.iPhone6

3.iPhone6s

となります。

6sのアタリとハズレを付け加えたら

1.iPhone7

2.iPhone6s(アタリ)

3.iPhone6

4.iPhone6s(ハズレ)

となります。

不具合

これは、物理的な損傷等でリコール(返品返金)対象になっているかどうかで判断します。このジャンルの場合、iPhone7が優勢となるので、iPhone7は一位決定とします。

iPhone6は、iPhone6Plusのカメラの部品に損傷がありました。一部で、リコール対象になっています。

iPhone6sは、バッテリーとCPUに問題がありました。正確には、製造中の過程で空気に触れたという損害があります。iPhone6s公開後2015年12月-5月に購入されたものが多く当てはまっています。くわしくはこちらをご確認ください。

で判断します。

1.iPhone7

2.iPhone6

3.iPhone6s

となります。

総合的

総合的に、処理等が速いのは、7となります。

次に6s そして6と続いて行きますが、6sと6では、リコールなどで順位入れ替えなるんで

1.iPhone7

2.iPhone6 6s

となりました!!

みなさんが使っててよかったiPhoneスマホはなんですか?