ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

充電節約のウラワザ

今回は、充電節約のウラワザを紹介します。

購入してから2-3年経つ端末では、バッテリーの消耗が速くなったという症状が見られます。これは不具合とかではなく、バッテリーの劣化です。端末によっては、充電を繰り返すほど、バッテリーの劣化が進むものもあり、どんな端末でも、2-5年が寿命と言われています(モバイル端末の場合です。パソコン端末では、ノートパソコンが充電式として今回の記事に当てはまります)。では、バッテリーの消費を減らすにはどうすれば良いのでしょうか。今回はそんなウラワザを紹介して見たいと思います。

1.使わない時のGPS WiFi Bluetoothオフは基本

使わない時、GPSWiFiなどの無線を切断していますか?個人情報盗難対策として、GPSを切断している方は多いと思われます。WiFiBluetooth も使わない時に切断しましょう。

周りに、接続可能なWiFiBluetooth が無い場合でも、端末は探します。探す=バッテリーの消費という悪循環が生まれてしまうため、上二つも使わない時はオフ!これが基本です。

2.バックグラウンドはオフにする。

アプリによっては、バックグラウンドで作業を進めるものもあります。音楽再生 スキル増築、情報収集。。。それらをオフにすることで、電池の持ちが変わります。

3.寝る時は、機内モード+明るさ最小+おやすみモード

この操作は、端末や使い方によって変わります。アラームをかけるかつ、機内モードにすると、音が鳴らない端末はこの方法は不可です。

4.充電器は純正品を使おう

まえに侮ってはならない、充電中の事故といったことを覚えているでしょうか、、、

充電器は純正品を使うことで、バッテリーの劣化を抑えることができます。