ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

iOSのバックアップをiTunesでとる

iOSを利用するとき、まぁ全ての端末を使用しているとき、最も怖いのが、ウイルスだとか、データ破損だとか、端末の破損だとか、、、前回バックアップとったのいつだっけと思うとき、たいてい一ヶ月前だとかします。今回は、そんななかで、iOSのバックアップをとる方法を二つ紹介します。それぞれのメリット デメリットをまず紹介していきます。

メリット デメリット


今回は、iTunesを使う方法iCloud を使う方法を紹介します。

iTunesのメリット

  • iOSの全てをバックアップできる。
  • PCの容量が許す限り大容量でバックアップできる。

デメリット

  • PCが必要である。
  • 転送とともに同期もされるので時間がかかる。

iCloudのメリット

  • PCが不必要
  • AppleIDとパスワードだけで復元できる。

デメリット

  • 無料だと5GBという制限がある。
  • 一部データがバックアップされない。

iTunesを使った方法


まず、WindowsPCもしくは、Macを用意してください。

そして、こちらからiTunesをインストールしてください。このとき、Appleのソフトがいくつかインストールされますが、それらもインストールしてください。

  1. iTunesを開いた状態で、iPhoneとPCをLightningケーブルで接続してください。
  2. iTunesiPhoneマークが表示されたら、それをクリック
  3. オプション部分から、バックアップをオンにしてください。
  4. 同期してください。
  5. 終了です。

iCloudを使った方法

   


IOSの設定から以下のように進んでください。

設定>iCloud>バックアップ

そして、今すぐバックアップ を押してください。

このとき、iCloudのストレージが足らないと出た場合、前回のバックアップを削除して、バックアップを行なってください。

iOS は比較的安定したOSと言われていますが、アップデートを重ねることにおいて、バグや脆弱性などのリスクやコストをさけることは、どんな開発者でも不可能なのです。ですから、開発者はテスト期間で、バグを修正し、安定版をリリースしているのです。今、iOSなどを使えれているのは、そんな開発者のおかげなのです。