ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

iPhoneが不具合を出した時の症状と対処法

iPhone 世界でも比較的安定したデバイスと言われていますが、電子機器で、不具合も多々あります。今回はトラブルシューティングのようにしていきます。参考程度にご覧下さい。

 

見方

症状

症状

対処法

 

スタートに関するトラブル

 

リンゴマークのままずっと動かない

起動に内部アプリが邪魔をしている

音量(大)と電源ボタンを同時に押して起動する。なお、電源を切るときは、ホームボタンと電源ボタンを同時に押す。そして、その元凶アプリを削除する。元凶は、大体容量が大きい、Appleの非認定アプリが大体です。

 

電源が入らない

一時的な不具合が生じている

ホームボタンと電源ボタンを同時に押す。

 

物理的に故障している

PCにつなぎiTunesが反応するか見る。

対処法1.反応する場合は、バックアップをとって復元

対処法2.反応しない場合は、Appleに修理に出す。

 

動作、挙動にかんするトラブル

フリーズする

端末に負担がかかった。

しばらく時間が経つと動く。動かないなら、電源ボタンとホームボタン同時押し。再起動。

 

文字が化ける

Unicodeが読み込めない

これは、iOSで読み込めない文字です。

 

Wi-Fiに繋がらない

繋がるWi-Fiが制限されている

設定>Wi-Fi>接続を確認 をオフにする。

 

オーディオに関するトラブル

ヘッドホンの片方からしか音が出ない。

コードが断線している

ヘッドホンを買い換える。そのまま使い続けた場合、火災になる可能性がある。

 

制限されている

設定>一般>アクセシビリティ

の下部にある、ダイヤルをど真ん中にする。

 

音割れがある。

スピーカーから、制限を上回る音量を出そうとしている。

その音源を、変える

 

今後、このような記事はどんどん出していきます。

広告を非表示にする

引用する場合、該当記事のURLの表示をお願いします。

もし文字が崩れたりする場合は、ChromeやFirefox IE Safariをお使い下さい。