ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

どんな端末にもありえる?火災と発火

f:id:doskokimeil127-dosd:20170218210834j:image

スマホ タブレットいわゆるモバイルという分類の機械には、充電や電池の観念があるようです。

電池の多くはリチウムイオンというものです。

 

どんなリチウムイオンバッテリーでも、発火はありえる?

 GALAXY NOTE7 2016年に世界を騒然にさした端末です。この事件は無理な設計に、バッテリーが耐えられなかったというのがあります。

iPhone6 Plusがごく最近発火しました。

世界を騒然さしたのは、どんな端末でも、バッテリーに負荷をかけると燃える。

という新しい常識。

しかし、そんな常識を潰すものが日本にできました。

発火しないバッテリーは日本製

発火する可能性のあるバッテリーは、日本の科学技術総合研究所です。

必ずともバッテリーが発火しない新しいバッテリー。

できればすごいですよね。

実用化は、2020年になりそうです。

 

2020年代はどうやら世界のITに大きな影響をもたらす10年間になるでしょう。

今回紹介したのは電池でしたが、どんどん発展していき、問題が出れば修正する。そのサイクルでITはせいちょうするのです。

広告を非表示にする

引用する場合、該当記事のURLの表示をお願いします。

もし文字が崩れたりする場合は、ChromeやFirefox IE Safariをお使い下さい。