ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

OSアップデート前にはバックアップを!バックアップ方法を紹介

f:id:doskokimeil127-dosd:20170218210307p:image

錦です。

私は、iPhoneを使用しているのですが、AppleiOSは、更新速度が早く頻繁にアップデートが来ます。

 

一度、アップデートした時、データが思いっきりぶっ飛んだことがあります。

その頃、まだiCloudの自動バックアップを利用していたので、そこまで大きな損傷はなかったのですが、一度そうなってしまうと、そういうものはトラウマというものになります。

 

ということで、それぞれのOSのバックアップ方法を紹介します!

 

iPhone iPad iPodTouch

iCloudを利用する

iCloudは、手軽にバックアップが行えます。

ただし、全てがバックアップされるわけでなく、一部だけです。

iCloudの容量は、無料で5GBです。

正直今の私の状態だと、どれだけ節約しても5GBをこえますが、、、

 

では、方法です

 

1.設定>iCloud>バックアップ と進んでください。なお、サインイン済みとして話を進めます。

2.今すぐバックアップでバックアップが開始されます。

 

この時、バックアップするデータに対し、iCloudの空き容量が足りていない場合、バックアップできません。

1.設定>ストレージとiCloudの使用状況>自分のiPhoneと進んで、いらないデータをオフにしてください。

 

iTunesを利用する

iTunesをインストールしたPCが必要です。

iPhoneとPCをライトニングケーブルで接続します。

1.iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか」でるので信頼をおす。

2.iTunesを開き、iPhoneマークにマウスを合わせ、バックアップしたい端末をクリック

3.バックアップするオプションを選び、同期をクリック

 

バックアップデータはPCのHDDに保存されます。

 

Mac

Macは、外付けHDDにとる方法を利用します。

AirMacTimeCapsuleを利用するのをお勧めします。

 

1.サンダーボルト USBのどちらかで外付けHDDを接続してください。

2.メニューバーの Time Machine アイコンから、タイムマシーンを開きます。

3.設定して完了です。

 

MaciCloudの方法がありますが、現実的でないので省きます。

 

今回紹介したのは、iOS Macだけでしたが、バックアップをしっかりすることで、データをなくすことをなくせます。

 

広告を非表示にする

引用する場合、該当記事のURLの表示をお願いします。

もし文字が崩れたりする場合は、ChromeやFirefox IE Safariをお使い下さい。