読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

macOSにウイルス襲来 新マルウェアmacOSに対応

Apple Mac 最新情報 ニュース セキュリティ 情報 事故・事件対策

f:id:doskokimeil127-dosd:20170218192712j:image

錦です

マルウェア。それは、コンピュータ内のデータを第三者が、許可なく盗む、改造するなど不正を行うことができるものです。

トロイの木馬ランサムウェアが有名ですが、

 

一方、ソフトウエア開発元は、そんなマルウェアの侵入経路を断つため、脆弱性の修正やセキュリティの向上が必要となります。

 

データが欲しいハッカーと、侵入されたくない開発元。イタチごっこ状態になるのは無理ありません。

 

そんななか、安全安心で有名なApplemacOSマルウェアが対応した、なんで情報が参りました。前置きが長すぎてすいません。

Macマルウェアに注意!

マルウェアは、ユーザーが知らず知らずのままに、ユーザー自身がダウンロードしていることが多いです。

マルウェアは、自身で入ってくることは可能です。

とくに、OSの大型アップデートの直後などのセキュリティが弱まり、脆弱性の増える時期は、マルウェアが飛び回ります。

しかし、WindowsLinuxに比べてmacOSは、安心安全だと言われていました。しかし、悪意のあるソフトウエアは、MacOSにもありますから、ちょくちょくマルウェア問題はありました。しかし、macOSの更新が早いので、すぐに修正されるのが強み。

しかし、今回のマルウェアはそうはいかないご様子です。

 

どんなマルウェア

マルウェアの種類はXagentです。

これは、主にWindowsLinuxAndroidiOSを狙ったマルウェアで、問題にはなっていました。新バージョンで、macOSに対応しました。

 

このマルウェアは端末にバックドア、つまりもう一つの出力口を設けます。

そこから、設定やパスワードなどを抜き取る。

そういうマルウェアです。

 

対策

開発元不明なアプリはインストールしないようにしましょう。

MacAppStoreをうまく使うこともいいかもしれませんね。

 

実はこのハッカーグループアメリカ大統領選にも影響が、、、

実は、このマルウェアの開発元のハッカーグループ。ロシアのハッカーグループなんですが、アメリカ大統領選に影響を与えたとか与えてないとか、、、

 

私も、iMacMacBook Airを持っているので注意したいと思います。

正直、Macに入ってるアプリって言っても、マイクラとForgeとChromeと付属アプリだけなんですが、、、