ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

ビル・ゲイツ氏「働くロボットへの課税で人間を守るべき」

f:id:doskokimeil127-dosd:20170219122225j:image

錦です

Microsoft 創業者である、ビル・ゲイツ氏がAIのついたロボットについてとある見解を示しました。

人工知能はもはや人間超

AIは、もう人間を超えていると言えます。

音声を自動認知、センサーにたいする適切な対応の計算速度。

人間ではないにしろ人間離れです。

 

人間はどうするべきか

私は以前、AIに関する見解として以下の記事を掲載しました。

AIを超える技術より、AIを止める技術の方が必要だと思う - ニシキのソフトウェア情報局

 

ここに書かれている通り、AIをどう止めるか、どう開発するか。ITやAIが急速に発達している今、将来を決めるのは、開発者です。

 

ビル・ゲイツ氏の見解

私の見解を申し上げましたが、ビル・ゲイツ氏の見解は、どうやら違うようです。

私は、「人間がどうするか」という見解だけで発言をしましたが、ビル・ゲイツ氏は

「人間が人間自身をどう守るか」という見解で発言をしています

 

発言は以下の動画より

Bill Gates: the robot that takes your job should pay taxes - YouTube

 

人間を守る

その為に、人間と同じように課税をする。

 

そうではなく、ロボットは自ら新しいことをやることは少なく、その点人間の方が優れている

と発言しています

 

イノベーションについて、人々が熱狂するのではなく、恐れるのは実に良くないことだ。ロボットに課税するのは、ロボットを制限するより、よほど建設的だ

とも発言しています。

 

私の見解とは真反対で、AIやロボットの開発には積極的に見えます。

確かに、そうかもしれません。

 

source:ITMedia

ビル・ゲイツ氏、「働くロボットへの課税で人間を守るべき」 - ITmedia NEWS

video:YouTube Quartz

Bill Gates: the robot that takes your job should pay taxes - YouTube