ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

通信容量の容量ってなんなの?

f:id:doskokimeil127-dosd:20170222210056j:image

錦です

恐怖のメールが毎月月末に届く方多いんじゃないでしょうか。

「通信容量の制限」

私は家にWi-Fiが飛んでいるので、あまり気にしたことはありませんが、

じゃあ、どんなサイトが重いの?

という質問が来ましたので説明します。

 

サイトの容量

サイトを見るには、ブラウザを使いますよね。

ブラウザによっては、サイトの容量が変化するのです。

 

でも、そもそもサイトの容量とはなんでしょうか。

 

ブラウザは、表示するために、一時的にサイトをダウンロードします。

閲覧終了後、ファイルは削除されます。

 

そのファイルは、

「.html」で終わるものが多く、HTMLのコードが多かったり、<audio>や<video>などで、容量が膨れ上がることがあります。

 

アプリのインストールも、アプリの容量が通信容量としてひかれます。

 

容量削減には?

これを見てると、自ずと容量削減の方法が見えて来ます。

 

「簡易サイトや、動画のサイト以外を見ればいいじゃん」

 

でも、それは根本的な解決にはいたりません。

何が邪魔かって?

広告です。

 

コンテンツブロッカーを使う

コンテンツブロッカーとは、ネット閲覧に制限をかけるものです。

iOS9のSafariに搭載されたことで、品種が大きく増えました。

コンテンツブロッカーとは、主に広告を除去したり、ワンクリック詐欺を予防することができるソフトウェアです。

広告が消える=サイトの軽量化

に繋がるため、通信制限にサヨナラ た掲げるものもあります。

 

通信容量は、いまキャリアがうたっている、「格安SIM」に大きくひびきます。

格安SIMは、通信容量が小さいってゆうだけで、その中で「SNSは無制限」だとか掲げれば売れると思います。

 

source:KDDI au