ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

Amazonは前進 ヤマトは後退

錦です。 大手通販企業、Amazonが生鮮食品を短時間に宅配する「Amazonフレッシュ」を開始したことに対し、賛否両論が広がっています。

人手不足が浮き彫りに

Amazonの配達を請け負っている「ヤマトホールディングス」は、これに対し苦悩を示しています。

Amazonは、AmazonPrimeという、会員制の即日発送サービスを行っていますが、それに負担を追うのが、宅配会社。 ヤマトホールディングスは、撤退を表明していますが、Amazonは即日にこだわっており、自社で宅配するサービスを行っています。

実はいらない?即日発送

関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」が調査した、即日発送に関する考えは、ほとんどが「特にいらない」や「あれば便利だが別に必要ではない」という答えでした。

ですから、一部の方に即日発送が必要なだけで、即日発送に関してはあまり関心が集まっていないのが現状です。

Amazonが即日発送にこだわる理由は不明ですが、わたし自身、一度Primeを使ったことがありますが、別に必須ではないのが現状です。

Source:関西テレビ「みんなのニュース 報道ランナー」 この記事には関西圏で4/21に放送された内容を引用しております。