ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

大手キャリア 5G開発を加速

錦です。 アイキャッチ。全く関係なしです。 4G 3G。いわゆる通信規格ですが、次世代は、5Gとなるでしょう。

で、5Gは、2020年に運用が開始できるように現在開発中で、主な規則等は年内に制定予定です。

そして、KDDINHK Nokiaと提携を組み、5Gを開発していくことを明らかにしました。

NHK 5G配信による8K放送

第五世代移動式通信システムを略して5Gといいますが、情報トラフィックは、2020年に現在の1,000倍になっていることから、情報どれだけ多く載せれるが鍵になります。

そして、KDDIは、NHKと共同で、スタジアムなどの放映を5Gの回線で8Kの解像度で配信する実験を2018年に実施するとあります。

KDDIの説明では、通信を高速道路にたとえ、4Gは3Gに車線を増やした。5Gは車線ではなく、迂回路を作るとあります。

これを見ると、大量のデータ(車)が、通信量(車線)を増やすより効果的だとわかります。

また、NokiaKDDIは共同で100mの5Gの試験を実施しています。 しかし5Gは、高い周波数をもちいります。高い周波数は、屋内に浸透しにくいという課題がありますが、実験で28GHzを使用した結果、屋内でも1Gbps程度の高速通信が可能となっています。

Softbankも5Gの開発を進めています。

Softbankが考えるMagicBox

Softbank社長 孫氏は「5Gは高い周波数を使用するため、大規模なマクロの基地局から、少ない電波を飛ばすという形では難しい。スモールセルで、多くの場所から電波を飛ばす必要がある」と説明しました。

スモールセルは、ゆわばWiFiでゆうルータの物を指します。そしてそれがMagicBoxです。

現在、ほとんどのデバイスが4Gや802.11 acのWiFi規格に当てはまっているので次世代システムを構築する必要があるようです。

Source:ITmedia