ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

CG分野で評価すべき映画は「塔の上のラプンツェル」

錦です。

ウォルト・ディズニーは、多くのCG映画 CGアニメーションを作成しています。 CGアニメというものは、普通のアニメとは違い、非常に作るのが難しいものです。また、動きが繊細なので、作成している端末の処理が追いつかなくなります。

その中で「塔の上のラプンツェル」は、髪一本一本が、単独で動いているという。何千万下手すりゃ何億とある髪の毛を一本一本動かすのは、難しいのです。

そのため、評価されています。

Photo:©️Disney

広告を非表示にする

引用する場合、該当記事のURLの表示をお願いします。

もし文字が崩れたりする場合は、ChromeやFirefox IE Safariをお使い下さい。