ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

【大雨】今夜遅くから明日にかけて関東から四国にかけて数年に一度の大雨 通学・通勤ラッシュ直撃か

錦です。

気象庁が、今夜遅くから明日にかけての大雨の情報を発表しました。

数年に一度の大雨 通学通勤ラッシュ直撃

あす21日は、梅雨前線が、西日本や東日本の太平洋側に停滞するでしょう。この梅雨前線に向かって、雨のもとになる「暖かく湿った空気」がどんどん流れ込むので、関東から西では、数年に一度の大雨になる所もありそうです。あすの朝6時~9時の予想降水量は、上記の通り。この時間は、広い範囲で、10ミリ以上の「本降りの雨」が予想されています。特に、九州から東海地方は、朝は、あちらこちらで、1時間に50ミリ以上の「非常に激しい雨」が降りそうです。

また、滝のような大雨とは、傘が全く役に立たず、寝ている人も気づくレベル。

九州から東海は、大雨のピークが、通学・通勤ラッシュと重なるので交通情報に気をつけてください。

 そして、発達した雨雲は、東へ進む見込みです。関東に雨雲が入ってくるときには、雨雲はまとまった形ではないと見ていますが、それでも、南部を中心に、土砂降りの雨になるでしょう。関東の雨のピークは、今のところ、昼過ぎから夕方の予想です。そして、沿岸部では雨だけでなく、風も強く吹くでしょう。関東の風のピークは、あすの夕方から、日付が替わる頃にかけて。夕方は、雨も風も強いので、横殴りの雨になる所がありそうです。傘をさしても濡れてしまうので、歩いてお出かけの方は、レインコートやレインブーツを用意するのも良いでしょう。

 そして、あすの関東は、きょうとの気温差にも注意が必要です。きょうの最高気温は、前橋市や埼玉県秩父市などで、30度以上の真夏日になりましたが、あすは昼間も、気温がほとんど上がらないでしょう。東京千代田区の3時間ごとの予想をみると、ずっと、20度前後のままです。ただ、湿度が高いので、風通しの悪い所や、人の多い所では、少しムシムシするでしょう。羽織る物で調節するのが、おススメです。

Source:ねとらぼ日直予報士(気象庁)