ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

iPhone第一世代ってどんなんだったの??

錦です。

WWDC2007は、十年前のWWDCとなります。MacのBootCamp、そして、iPhoneの発表。 このiPhoneは日本で発売されませんでしたが、ジョブズiPhone発表前に放った「常識を変えるものを創り出したかもしれない」というのは、まさに正解なんですよね。

その頃、スマートフォンとは、プラスチック製のキーボードが付属している(画面の半分が物理キーボード)状態でした。 ジョブズはこの状態を「画面が小さくなる要因であり、新しいもの(キーボード)を開発しても、既存製品に置き換えることはできない」と放ちました。当時、ソフトウェアキーボードというのは存在しておらず、入力は全て物理キーボードによるものでした。ソフトウェアキーボードの原型を作ったのはiPhoneなのです。

iPhoneの驚かせた機能

マルチタッチ。これは、現在も使われている技術で、Appleが特許を取得しているものです。

当時、ジョブズは「すぐに特許をとったよ」と自慢気に発表していました。これにより、ズーム、ピンチが可能になりました。おそらく、ジョブズも十年後こんなに、スマホが普及するとは考えていなかったでしょう。

また、画面のミスタッチ等防止する、センサー。現在も、電話する時、画面が暗くなり操作は無効になります。

そして、グループ通話。今では、SkypeやLINEで軽く行えますが、当時は不可能でした。それをAppleは、iPhoneで実現しました。

Safari。世界初の持ち運べるブラウザと発表しました。

メール。YahooのiMAPを無料で使えると発表。 メッセージ。皆さんは知っていますか?LINEやTwitterDMなどのようなあのUIを作ったのはiPhoneなのですよ。

ジョブズiPhoneは今とは全く違う

WWDC2007でジョブズは、iPhoneを、iPodと電話とインターネットを一つにしたもの。と称しました。

iPhone発売後、iPodの需要は大幅に減り、iPhoneMacさえも抑えて、Appleのトップ製品となりました。これはすごいことなのです。

多くの人が求めるデバイス

iPhoneは、画期的な機能、最新の技術で大ウケしました。それは、ジョブズの偏見があったためかさととっていいでしょう。Appleが次に「時代を変える好機」に恵まれるのはいつなのでしょう。ジョブズの精神を受け継ぐティム・クックCEO率いるAppleが時代を変えるのは。