ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

iPhone修理どうする?店と申し込み方を紹介!

錦です。

世界で人気があり、画面が割れやすいスマートフォンiPhone」。 一体どこで、どういう風に修理して貰えばいいのでしょうか。

この方法はあくまで一例です。

公式

Appleの公式の修理です。

これには少し説明が必要です。

まず、AppleCareについて。

Apple製ハードウェアを新たに購入した際(中古ではなく新品)で購入した際につく保証とは違います。 無料の保証は自動的に一年間のハードウェア保証と90日間の無償電話サポートが付属してきます(iPhone iMac MacBook MacPro iPadにはついてました)。

で、AppleCareとは、それらを延長するものです。

今回はiPhoneにおける、AppleCareについて説明します。

AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます1。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷で1回、そのほかの損傷で1回のサービス料で最大2回まで受けることができます。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で直接問い合わせることもできます。

これは、購入した際に購入することも可能ですし、あとからつけることも可能です。

Source:Apple

そして、careなしの画面修理です。


AppleStoreに持っていく方法を紹介します。

銀座・宮城(仙台)・名古屋(栄)・大阪(心斎橋)・渋谷・表参道・福岡天神のどれかにアクセスします。

なおこの時端末のバックアップは忘れずに!

まず、修理の限界 全損 盗難 紛失は対応していません。

画面割れ・アクティベートIDの変更(私もお世話になりました)・バッテリー変換などをしてくれます。

なお、画面割れの修理料金は以下となってます。 iPhone7/6s/6/SE ¥14,800 iPhone7Plus/6sPlus/6Plus ¥12,800

で、AppleCareの場合、¥3,400と書かれていますが、落下等 故意の事件で割れた場合は、通常通り(ApoleCareの)¥11,000かかります。

キャリアの場合大分お安くなってます。以下をご覧下さい。

iPhone画面割れの修理値段はいくら?交換前はデータのバックアップも!ソフトバンク/au/ドコモ編 | Apple Geek LABO

話を戻し、店に持っていって店員に事情を説明し渡してください。

なお、約1週間は帰ってきません。

これで大丈夫です。

Apple以外の修理業者に頼む時の注意!!

まず、エラー53についての認識を確認してください!!!!

これ、1番重要なことです。 エラー53とは、ホームボタンに非純正パーツをつかい、指紋認証を読み込めなくなることです。

これか起きると一部機能が動作しません。