ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

iPhoneX 今週金曜 ついに予約開始 発売は来週金曜 しかし入手は2018中間まで困難になるかも?

錦です。投稿がおくれてすみません。

Apple9月のスペシャルイベントでiPhone8/8Plusと共に発表された、iPhone発売10周年記念モデル「iPhoneX」が今週金曜(27日) 午後4時1分から予約が始まり、来週金曜(11月3日・文化の日)に発売されます。

iPhoneXでは、ホームボタン・TouchIDの廃止やベゼルレスによる大画面利用。

OLEDディスプレイと、FaceIDも搭載されます。

iPhoneX入手困難へ突入

iPhoneXは、FaceIDを搭載しています。そのセンサーであるTrueDepthカメラの供給が間に合っていない状態になっています。十月中旬になって多少は解消したものの、予想料には達していないと見られます。

iPhoneを振り返ってみる

iPhone2G

iPhone2Gは2007年のWWDC(macworld)で発表され発売された、初のiPhoneであり、初のオールディスプレイのスマートフォンです。画期的なウェアラブルで、「ネットを持ち運ぶ」観念を生み出したものです。

スティーブ・ジョブズの「This is iPhone」のプレゼンフレーズが有名です。

iPhone3G

iPhone3Gは、二つ目のiPhoneです。3G通信に対応したりしました。これに搭載されたiPhoneOS2.0(iOS2.0)は、今では世界最大のスマホアプリプラットフォームでたるAppStoreが追加されアプリという観念が誕生しました。実際には、iPhoneOS1.0でハッキングしてアプリのインストールは可能だったようです。

iPhone3GS

iPhone3GSは第三世代iPhoneです。カメラの性能が大きく上がり、スマホで写真・ビデオをがっつり撮るという常識が生まれた瞬間でした。

iPhone4

iPhone3GS以来のフルモデルチェンジを行いました。A4プロセッサという「Aプロセッサ」や、Retinaディスプレイを初搭載したiPhoneです。インカメラの初搭載もこのiPhoneです。

iPhone4S

4SのSはSiriのSとスティーブ・ジョブズが発した言葉。ジョブズが生きてるうちに発表した最後のiPhoneとなりました。余談ですが、筆者の初iPhoneはこれです。

iPhone5

三回目のフルモデルチェンジです。4インチディスプレイ・Lightningポートの追加など、今の現行iPhoneに引き継ぐ機能が多く搭載されています。

iPhone5c

はじめてこれをみたときは、可愛いと思いましたが。iPhoneとしてはiPhone5の廉価版です。しかし、いくつもの機能改善も見られ、同時発売されたiPhone5sよりも人気がありました。

iPhone5s

現行のiPhoneで最も古いモデルです。TouchIDが搭載された初めてのiPhoneです。また、モーションチップMシリーズが初搭載され、コンパスなどの機能が利用可能になりました。しかし、来年には現行モデルから外されると見られます。

iPhone6

私が現在使ってるメインがこれです。4.7インチモデルに加え、5.5インチの「iPhone6Plus」が初登場したモデルです。NFCの機能が追加されたり、カメラにパノラマが追加されたりしました。また、VoLTEに対応した初めてのiPhoneで、iOS8.3以降なら使うことができます。

iPhone6s

3DTouchが初搭載されました。A9チップは機能が大幅に向上し「ARKit」の最低基準となっています。しかし、発売当初はあたりとハズレがあると話題になりました。

iPhoneSE

iPhone6の大きさに馴染めない人のためにできた、性能はiPhone6sに据え置きながら、大きさはiPhone5と同じiPhoneです。現在も大きな反響を呼んでおり、iPhoneSEはこれ以降継続モデルが出ると予想されていました。

iPhone7

イヤホンジャックが廃止されたことで話題になったiPhone7ですが、4Kビデオ撮影に対応したり、iPhone7Plusではデュアルカメラによるポートレート撮影が現在もテストされており、カメラの性能が大きく向上しました。また、物理ホームボタンが廃止されました。