ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

北朝鮮 電磁パルス攻撃でアメリカの約90%の人が死亡の可能性

錦です。

現在、日本やアメリカに対し攻撃を続ける北朝鮮ですが、北朝鮮パルス攻撃を行った時のアメリカへの被害は過去最悪になると専門家が指摘しました。

パルス攻撃とは?

パルス攻撃とはなんなんだろ

パルス攻撃とは、北朝鮮の攻撃の一つでICBM 大陸間弾道ミサイルよりも手頃で、より大きな被害をもたらすと言われます。

どんな被害が出るの?

説明していきます。

パルス攻撃とは、電磁パルス攻撃という、電磁波による攻撃です。これは、大気圏を通ってアメリカ上空へすすみ、アメリカ上空で爆発し電磁波をアメリカ全土にばら撒きます。この電磁波は、ネットや電話を妨害・回線破壊などの被害が出ます。

ですので目視できるミサイルとは被害が違います。そもそも目に見えませんので、迎撃なんてものもできません。

出来たとしても、それは爆発する前のものでどちらにせよ被害は受けます。

しかし、アメリカ政府自体、北朝鮮を低く見てますので油断大敵という言葉を思い知るかも知れません。

そんな怖い攻撃があるんだね

実際この攻撃は、ライフラインを大きく破壊するため、食料ラインも止まります。これにより、アメリカ全人口のうち90%は死亡との見解を専門家は示しています。

90%!? アメリカの全人口は3.2億人。その九割となると、2.9億人が死ぬの!?

あくまで予想であり、現実とは違うのですが、油断は大敵だと言うことを専門家は説いているのです。

実際、北朝鮮の攻撃力は未知数で、核保有の事実もあるため、いつアメリカとの戦争が始まってもおかしくはない状態にあります。日本政府も付き合い方には注意してほしいところです。