ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

Apple第5のプラットホーム? ARメガネとともにrOSが開発中

錦です。

Appleは、ARメガネとする新しいウェアラブルを開発中だとBloombergが報じています。2020年に発売するのではということです。

Apple to Ramp Up Work on Augmented Reality Headset - Bloomberg

このデバイスのコードネームは「T288」。ディスプレイと独自のOSを搭載し、そのOSは「rOS」と呼ばれているとのことです。

iOSをベースに開発され、軽さが特徴。「r」は「リアリティ」の頭文字を取ったものらしく、さすがAppleだなと言った感じですね。

アプリも準備中?AppStoreも

ARメガネの開発チームは数年前から結成されており、iOS11のARKitもこのチームによるものです。

Apple自体、操作方法を決めてなくて、タッチパネルやSiriを利用した音声操作、ヘッドジェスチャーを検討しているとのこと。ヘッドジェスチャーって頭ぐるぐる回す系のヤツですか?

マッピングアプリからテキストアプリ、バーチャルミーティングルームや360度動画など、幅広いアプリが開発されているとのことです。

で、どうやってインストールする方法はAppStoreの様子。AppleTV iOS MacのようにAppStoreが同封されるとのことです。


Source:Bloomberg via AppleInsidergori.me