ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

Twitter 文字数制限緩和 一部言語除き280字へ しかし・・・

錦です。

Twitterは、文字数制限を直接的に緩和し、多くの言語で280字までのツイートが可能になりました。

やった!これでもっと多くの文字を使える!なんて思ったそこの日本人のあなた!日本語は対応外です

なぜ?

これをぱっと見た時 やったーってなったのにね
なんで日本語対応していないのだろう


これにはしっかりとした理由があります。
それは、日本語や中国語は一文字で意味が分かるから なんです。

どうゆうこと?

例えば「一」という字。意味はもちろん数字の1ですよね。では、同じ意味を持つ英語はなんでしょう。

ばかにしてんの?ワンでしょ「ワン」

ではそれを、スペルにしてください。

そりゃあ O N Eで「one」でしょ?

あなたは、Twitterのような字数制限があるとき、長い方がいいですか?短い方がいいですか?

もちろん短い方!なんたって・・・あ、そういうことか

日本語や中国語では、漢字を使うことで簡潔にものを伝えることができます。

上の例であげたように数字の1を、漢字に直すと「一」の一文字、しかし英語に直すと「one」と三文字カウントされます。

Twitterの考えは、英語などの140字より、日本語や中国語の漢字の140字の方が、多くのことを伝えることが出来る。つまり、英語140字は少ないのでは?という考えです。

1万字はどうなった?

去年、Twitterはツイート制限を1万字にするという噂がありました。実際それ以降、リプライ時の返信先@ユーザーネームは文字数にカウントされないようになりました。

結局は噂で終わるのですかね?

日本でも使えるの?

今回の緩和は、英語280字というより、半角280字に緩和されたと考えてください。

これにより、ツイート画面の文字数カウントは、数から円状のゲージに変わっていました。

ですので日本でも使えるのは使えるはずです。