Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Intel 第九世代プロセッサ ラインナップを追加 無印モデルとiGPUのないK KFモデル

f:id:doskokimeil127-dosd:20190108221001p:plain

 錦です。

Intelは、第九世代Coreプロセッサに新たに6つのSKUを追加しました。

無印モデルとiGPUなしのF KFモデル

今回追加されたモデルは以下の通りです。

型番 ブランド ベースクロック ブーストクロック コア数 スレッド数 TDP L3キャッシュ iGPU
i9-9900KF i9 3.6GHz 5.0GHz 8 16 95W 16MB 未搭載
i7-9700KF i7 3.6GHz 4.9GHz 8 8 95W 12MB 未搭載
i5-9600KF i5 3.7GHz 4.6GHz 6 6 95W 9MB 未搭載
i5-9400 i5 2.9GHz 4.1GHz 6 6 65W 9MB UHD 630
i5-9400F i5 2.9GHz 4.1GHz 6 6 65W 9MB 未搭載
i3-9350KF i3 4.0GHz 4.6GHz 4 4 91W 8MB 未搭載
                 
i9-9900K i9 3.6GHz 5.0GHz 8 16 95W 16MB UHD 630
i7-9700K i7 3.6GHz 4.9GHz 8 8 95W 12MB UHD 630
i5-9600K i5 3.7GHz 4.6GHz 6 6 95W 9MB UHD 630

 

比較用として9900K 9700K 9600Kを載せています。

新たにi5だけですが無印モデルが追加されました。コア数・スレッド数は同じで、TDPと性能は下がりますが、4.1GHzも出たら十分でしょう。

F KFはiGPU(CPU内臓GPU)を持たないモデルで、GeForceQuadroRadeonなどのGPUを別途要します。無印モデルにはUHD630が内蔵されています。発熱量が少ないので、オーバークロックしやすくなっています。

また、KFモデルにi3モデルが登場しました。第九世代でCore i3は初登場になります。

 Core i3モデルは4コア4スレッドです。今後iGPUを持ったKモデルも登場するとみられます。

 

10nmノート向けプロセッサは春以降

10nmプロセスルールの採用が明らかになっているノート向けプロセッサは、第二四半期(4-6月)に登場すると発表されました。しかしそれが、UなのかH/HKなのかは不明です。 なお、デスクトップ版はすべて14nmです。

トランプ大統領 Huawei排除政策で米市場に大きなダメージ 鍵を握るApple

錦です。

年始から米市場では混乱が続いていますが、このひとつの原因であるのがトランプ大統領の「Huawei排除政策」です。これは、間接的に米国市場をくるしめる形になりました。

この政策が米中貿易戦争に引火

中国とアメリカは2018年下半期より貿易戦争が大きくなったのは日々報道されていますが、Huawei問題がこの戦争に悪い意味で相乗効果しました。

中国国内ではiPhoneを使わずHuawei製品を使おうという動きができ、それか非常に大きくなりました。

中にはSNSに「iPhoneを壊す」や、一部の企業で「iPhone使うと罰金、Huaweiを使うと補助金」と書かれた紙の写真や動画がアップされたりと、企業や団体レベルでiPhone排除、Huawei尊重が進んでいます。

Appleは、先日公開した下方修正の理由に「中国市場でiPhoneの売上が予想を下回った」とあります。

そもそも、Huawei問題が勃発したのはiPhoneが発売された後ですので、Huawei問題も大きく影響していると思われます。

Amazon Microsoftを抜き時価総額1位にGoogle Appleと続く

錦です。

Amazonは、Microsoftの株式時価総額を上回り 米国で時価総額が1位になりました。

なお、iPhoneを中心に不振が続くAppleは4位で、3位にはAlphabet(Google)が入ります。

なお、11月にAppleMicrosoftに抜かれていこうこのランキングの上位が大きく変動しています。

iOS12.1.3 macOS Mojave10.14.3などのPublicBeta3リリース

錦です。

Appleは今朝、登録ユーザー向けにiOS12.1.3、macOS Mojave 10.14.3、tvOS12.1.2、WatchOS5.1.3のPublicBeta3をリリースしました。

こちらも、安定性の向上などがメインと見られます。

iOS12.1.3 macOS Mojave10.14.3などのDeveloperBeta3リリース

錦です。

Appleは今朝、開発者向けにiOS12.1.3、macOS Mojave 10.14.3、tvOS12.1.2、WatchOS5.1.3のDeveloperBeta3をリリースしました。

問題の修正やセキュリティの向上・安定性の向上がメインだと思われます。

GeForce RTX2060発表!!

錦です。

NVIDIAは、GeForce RTX2060を発表しました。

性能はRTX 2070の83%くらいで、価格は349ドルから。

性能

先述の通り、RTX2070の83%くらいの性能を持ちます。

5.2TencerFLOPSの性能を持ち、6GBのGDDR6メモリを搭載します。

RTXの名を持つので、リアルタイムレイトレーシングをサポートします。

ベースクロックが1365MHz、ブーストクロックが1680MHzです。

TDPは160W、ピンの数は8で、NVIDIAは500W以上の電源容量を推奨しています。

お買い求めやすい

GPUの高騰が落ち着きを見せ、RTX 2060は349ドルとRTXシリーズとしてはかなりお買い求め安い価格になりました。

前系にあたるGTX 1060もかなり人気ですが、ミドルレンジのRTX 2060も人気が出ると思われます(というか2080Tiが高すぎるんだよなぁ)。

発売は1月15日です。

Apple仙台一番町 1月25日に閉店 新店舗情報は掲載を取り下げ

錦です。

Appleは、Apple仙台一番町を1月25日に閉店することを発表しました。

移転ではなく閉店

AppleStore札幌が閉店するときは「移転のため」とアナウンスされました。しかし、今回は「閉店」と言い切っているため、移転やリニューアルではなく閉店という事のようです。

Apple仙台一番町

同店舗は2005年12月10日に国内6店舗目のApple直営店としてオープンしました。

閉店すると、国内の直営店は8店舗になります。

新店舗情報は掲載を取り下げ

新店舗情報は同時にサイトから姿を消しました。しかしこちらは去年に掲載が1度取り下げられてからオープンしているため、2019年内の新店舗オープンは有り得るかと。

それが札幌か福岡天神か、あるいはほかの地域か。今回の閉店により、東北も有り得るようになりましたが、仙台以外なら 福島か盛岡か。ただ、北日本Apple直営店がなく、一番近くて東京になるので北日本オープンの可能性が高いとも見れます。

新店舗なしなら話は別ですが、2019年にオープンとなるとAppleは既に準備を進めているはずなので多分オープンするはず。。。

Source:Apple,iをありがとう

AMD 第2世代RyzenMobileを発表 ノートブック向け

錦です。

AMDは、ZEN+マイクロアーキテクチャを採用する第2世代RyzenMobileプロセッサシリーズを発表しました。

第1世代では14nmプロセスルールが12nmプロセスルールになる他、多数の変化があります。

シリーズ

ノート向けRyzenは、2コア4スレッドの低価格ノート向けモデルから4コア8スレッドのミドル~ハイエンドをカバーするラインナップを用意しています。

搭載GPUAthlon 300UとRyzen3-3200UがVega3、Ryzen3-3300UがVega6、Ryzen5がVega8、Ryzen7がVega10となります。

TDP35Wのハイエンドモデル Hモデルが追加され、低価格・低電力モデルからハイエンドモデルまで全てカバーします。

Intel

AMDは当たり前ですがIntelを意識しており、AMDによると ノートパソコンの基本的な買い替え周期は5年で今から5年前のIntelマイクロアーキテクチャ Broadwell世代のプロセッサと比較しました。

PCMark10によるウェブワークロードで10~22%、一般的なワークロードでは50%の高速化を実現していると明らかにしています。

その他、第8世代CPU Core i5-8250Uに対してRyzen 5 3500UはPCMark10で14%、Photoshopフィルタリングで27%高速で、IntelCore i7-8565U に対してRyzen 7 3700U は人気ゲームRocket League、DOTA2、Fortniteの平均フレームレート(720p Low設定)で20~40%高い数値を記録しているそうで、現行のIntel CPUよりも第2世代Ryzen Mobile3000シリーズが優秀であると述べています。

Aシリーズも

6W Excavatorマイクロアーキテクチャを採用したAシリーズも発表されました。これらのプロセッサは、ChromeOS向けです。

AMDはChromeOS市場に期待しているようです。