Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

新名神 新四日市JCT~亀山西JCT 3月17日 午後4時開通

錦です。

NEXCO中日本は、現在建設中の新名神高速道路のうち、新四日市JCT-亀岡西JCT間を2019年3月17日 午後4時に開通することを発表しました。また同時に、開通式典も行うことを発表しました。

延伸部

今回延伸されたのは、三重県内の延伸部で、新四日市JCT-亀岡西JCT 延長約23kmです。

今回開通部は、全線で東名阪道と並行しており、東名阪道四日市市鈴鹿付近で発生している慢性的な渋滞についても解消が期待されています。

また、今回の開通により、東名高速&名神高速と、新東名&新名神で形成される、静岡・御殿場JCT-滋賀・草津JCT間の約330kmのダブルネットワークが形成されます。

開通時は4車線・100km/h(設計速度)ですが、新名神完成時には6車線・120km/h(設計速度)になるとのことです。

なお、これにより 新名神は、信楽-四日市間が直通になります。

発表内容は以下より

E1A 新名神高速道路 新四日市JCT~亀山西JCTが 2019年3月17日(日)16時に開通します | ニュースリリース | プレスルーム | 企業情報 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本

海外のiPhoneと日本のiPhoneの違い

錦です。

連続した内容になりますが、iPhoneSEやXがAppleStoreで買えるようになりました(整備済製品ですが)。しかし、それは米国や英国のみで、海外規格のものになります。

では、海外のものと日本のものでは何がどう違うのか見ていきましょう。

そもそも違うの?

まず、そもそも 日本と米国で販売されるiPhoneに違いなんてあるのかという所ですよね。

実はあります。

何故このような違いがあるのかと、特定の国では利用できない機能や周波数があり、それに対応するためだとか、この周波数などはこの国ではあまり使われてないだとか色々あります。

身近に感じるのはiPhone7とXSですかね。

iPhone7にはFeilCaが搭載されましたが、それは日本のみで海外のモデルには搭載されていません(iPhone8で搭載)。これは、世界的にFeilCaが使われていないためです。

iPhoneXSは、中国の製品のみデュアルSimが2つともNanoSimであるという違いがあります(中国以外ではNanoSin+eSim)。これは、中国国内でeSimが使えないためにこのようなことになっています。

このように、国にあったiPhoneが販売されてるわけです。

海外のものは日本で使える?

では、海外のモデルは日本でも使えるのかということですよね。

正解は使えるなんですが、一部機能によっては、法や規定で制限があったり、禁止になっていたりする他、日本のiPhoneには着いているのに海外のものには付いていない昨日ももちろんあります。

また、キャリアがそもそも対応していないなどの問題も起こりえます。

なので、使えるけど自己責任で。というのが大正解ですかね。

【Tips】海外のAppleStoreから商品を購入する方法

錦です。

最近何かとAppleStoreで リフレッシュ品 という形でiPhoneSEやiPhoneXが出回ってますよね。でも日本では買えない。

しかし、アメリカのAppleStoreから輸入する方法があることをご存じですか?

今回はその方法を紹介したいと思います。

簡単な流れ

  • spearnetでアカウントを作る(住所を借りる)
  • 米国内のAppleIDを作る
  • 注文する
  • 届く

spearnetは、海外のオンラインショッピングサービスで購入した商品を、日本に転送してくれるサービスです。

詳しく

それでは詳しく見ていきます。

1. Spearnetのアカウントを作る

個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。

上のサイトにアクセスして、画面上部の「無料会員登録」へ進みます。

その後、必要な情報を入力します。

アメリカ国内の住所が発行されます。

2.AppleIDを新規作成

次にAppleIDを作成します。これは、住所にSpearnetで発行したアメリカの住所を利用します。

住所以外の情報は日本とだいたい同じです。

3.注文する

それではAppleStoreで注文しましょう。これは、先程作ったAppleIDで購入します。

なお、発送時期に関しては、Appleのサイトで表示されるものよりも遅くなります(転送のため)

4.Appleからメールがくる

Spearnetの住所に注文した製品が配達されます。

この時、Appleから発送連絡が来るので、追跡番号・ドルの合計金額を控えます。

5.転送依頼を作成する

Spearnetのサイトで 転送依頼を作成します。

サイトのメニューから「転送依頼作成」へ進みます。

同梱するかしないかというのは「他の商品を買った時に同じ箱に入れるか」ということなので、製品が一つだけなら同梱なしでいいと思われます。同梱ありを選択すると、何回かに分けて注文したものを アメリカで溜めて 一度に日本に転送できます。

そのあと、商品名 購入先・先程控えた追跡番号・金額を入力。

購入先はApple Storeでいいです。

6.支払い方法を選択

そのあと、支払い方法を選択します。

クレジットカード・PayPal・銀行振込から選べます。

7.発送・到着

発送方法は、宅急便がオススメです。理由は、到着時に着払いで関税を払うことができます。

宅急便を選択すると、ヤマトの追跡番号なども載ったメールが届きます。

そして到着です。お疲れ様でした。

ハードル高い?

一見ハードルが高そうですが、実はそうでもなく、ただ単に、アメリカからアメリカへそして自宅へみたいな感じなので、別に難しくはないです。

今回はAppleでしたが、これはAmazonなど、他のアメリカ国内でオンライン販売しているものも転送できます。

是非使ってみては!!

整備済製品 iPhoneX 2019年1月に製造

錦です。

昨夜 販売されたiPhoneXが2019年1月に生産されたものであることがわかりました。

シリアルコードから

整備済製品として販売されたiPhoneXのシリアルコードを調べると、1月の第3週に製造されたものという記載がありました。

iPhoneXの製造は9月よりも前に終了していることが分かっていることから、これは整備を行った期間という可能性もありますが、iPhoneXを再生産してる可能性もあります。

整備済み iPhoneSEに続き iPhoneXも発売

錦です。

Appleは、整備済製品として、iPhoneXを発売しました。なお、英国・米国のみで、日本では購入出来ません。

Refurbished iPhone X 64GB - Space Gray (Unlocked) - Apple

なお、ストアでの新品のiPhoneXは既に販売終了しています。

PayPay 百億円あげちゃうキャンペーン 第2弾発表 2/12から

錦です。

PayPayが、昨年日本をざわつかせた「百億円あげちゃうキャンペーン」の第2弾を発表しました。

キャンペーンは二つあり、抽選で最大 購入金額の20%が還元されるキャンペーンと、抽選で100%還元される「やたら当たるキャンペーン」が開催されます。ともに2/12から開催されます。

大幅に制限

今回のキャンペーンでは、前回と違い大幅に制限が設けられています。

それは、還元額の上限が設定されていることです。

一回の買い物でどれだけ購入したとしても還元されるのは最大1000円分のみ。期間中に最大合計5万円まで還元されます。

また、20%還元されるのは銀行接続のみで、Yahoo!JAPANカードでは最大19%、ほかのクレジットカードでは最大10%の還元になります。

また、別キャンペーンとして、本日正午から2月12日午前8時まで、初めてPayPay残高にチャージしたユーザーのうち、5,000円以上をチャージしたユーザーを対象に、1,000円相当のPayPayライトを付与するキャンペーンも実施されます。ポイントは2/22前後に付与されます。