Nishiki-Hub

国内外のPC/PCパーツ/スマホ/Appleなどの最新情報を取り上げています

AMD(CPU/APU)

「Ryzen 7000」シリーズに対応する「AMD X670・B650」チップセットとメモリの話 〜 DDR4のサポートはなく、X670はデュアル構成に?

錦です。 ここ数日で「Ryzen 7000」(Raphael)シリーズに対応する、次期AMDチップセット「AMD X670」と「AMD B650」チップセットの情報がいくつか登場したのでご紹介します。

AMD、Zen 3+採用の「Ryzen PRO 6000」シリーズを発表 〜 RDNA 2 GPUを内蔵する高性能APU・最長29時間のバッテリー駆動

錦です。 AMDは昨日、Zen 3+アーキテクチャを採用した「Ryzen PRO 6000」シリーズを発表しました。

Zen 4ベースのEPYC「Genoa」のダイの写真が登場 〜 12基のチップレットがIOダイの左右に6つずつ

錦です。 昨日、Zen 4ベースの次期EPYC「Genoa」のパッケージ写真がリークされたとお伝えしましたが、次はヒートスプレッダがないダイの写真がChiphellに投稿されています。

Zen 4ベースのEPYC「Genoa」の写真が登場

錦です。 Server The HomeのフォーラムにZen 4ベースの次期EPYC「Genoa」の写真が投稿されています。

AMD、「Ryzen 7 5700X」「Ryzen 5 5500」などエントリとミドルレンジ5製品を4月15日にから国内で発売 〜 大本命「Ryzen 5 5500」が23,800円など安価に入手可能に

錦です。 日本AMDは、3月に発表された「Ryzen 7 5700X」を始めとするZen 3ベースのミドルレンジ「Ryzen 5000」シリーズと、Zen 2ベースの「Ryzen 4000」シリーズを4月15日より国内で販売を開始することを明らかにしました。

Zen 4は1コアあたり1MBのL2キャッシュを搭載するらしい 〜 「Genoa」のベンチマークが登場

錦です。 AMDが昨年存在を明らかにしたZen 4ですが、Zen 4ベースのEPYC「Genoa」について、エンジニアサンプリングのベンチマークが発見されました。

Zen 4ベースの「Ryzen 7000」シリーズの16コアモデルは170W TDPとなる 〜 12コアは105W

錦です。 AMDが今年後半に発表することを約束しているZen 4ベースのCPUラインナップ「Ryzne 7000」シリーズですが、その最上位についてGreymon55氏がツイートしています。

AMD、3D V-Caheを採用し768MBという大規模キャッシュを実装したサーバー向けCPU「Milan-X」こと「EPYC 7003X」シリーズを発表

錦です。 AMDは、3D V-Cacheを搭載した「Milan-X」こと「EPYC 7003X」シリーズを発表しました。

AMD、「AMD 300」番台チップセットで「Ryzen 5000」シリーズをサポートすると発表 〜 4月にテストBIOSがリリース

錦です。 AMDが本日発表したニュースリリースで、「AMD 300」番台チップセットで「Ryzen 5000」シリーズをサポートすることをあきらかにしました。

AMD、3D V-Cacheを採用した初のRyzen「Ryzen 7 5800X3D」を449ドルで4月20日に発売

錦です。 AMDは3Dパッケージ技術「3D V-Cache」を初めて採用したRyzen製品である「Ryzen 7 5800X3D」を4月20日に発売することを発表しました。

AMD、Zen 3「Ryzen 5000」シリーズに「Ryzen 7 5700X」や「Ryzen 5 5500」などを大幅追加 〜 Zen 2「Ryzen 4000」には1万円前後で購入できるCPUとAPUが追加

錦です。 AMDは、「Ryzen 5000」番台と「Ryzen 4000」番台にそれぞれ3つずつモデルを追加しました。

4月はRyzenがアツい!Zen 2・Zen 3・3D V-Chaceで合計10のRyzen製品が登場するとの情報! 〜 すべてメインストリームで仕様もお目見え

錦です。 TechPowerUpとVideoCardz、Wccftechによると、AMDが4月に多数のRyzen製品の発表を計画している可能性があることがわかりました。

AMD、最大64コアでZen 3ベースの「Ryzen Threadripper PRO 5000」シリーズを正式発表!!

錦です。 AMDはZen 3ベースのワークステーション向けCPUラインナップ「Ryzen Threadripper PRO 5000」シリーズを発表しました。

AMD、今月中に「Ryzen 7 5700X」「Ryzen 5 5600」「Ryzen 5 5500」も登場するとの噂 〜 「Ryzen 7 5800X3D」も今月登場する

錦です。 Chiphellに「今月の新製品はRyzen 5800X3Dだけではない可能性がある」というスレッドがたっており、そこに「5500」「5600」「5700X」なるCPUが書かれています。

開発元が異なるチップレット同士の通信を標準化する「Universal Chiplet Interconnect Express(UCIe)」が策定 〜 大手IT企業で業界団体が結成・自由な組み合わせのSoCが作れるように

錦です。 AMDやIntel、TSMCを始めとした大手IT関連企業が中心となって「Universal Chiplet Interconnect Express(UCIe)」と呼ばれる新しい標準と、それを策定する業界団体が設立されました。

「Ryzen 7 5800X3D」「Ryzen Threadripper PRO 5000」「EPYC(MIlan-X)」がすべて今月中に登場するという噂

錦です。 VideoCardzが伝える情報によると「Ryzen 7 5800X3D」「Ryzen Threadripper PRO 5000」「EPYC(MIlan-X)」がすべて今月中に登場する可能性があることがわかりました。

Ryzen 7000世代CPU「Raphael」には1.1GHzの小規模内臓GPUを搭載する 〜 Zen 4世代のCPU

錦です。 Zen 4世代のCPU「Raphael」こと「Ryzen 7000」シリーズのGPUについての話です。

AMD、「Ryzen 6000」シリーズAPUの詳細を明らかに 〜 電力効率はAlder Lakeを超えると主張、内蔵GPUはGeForce GTX 1650 Max-Qに肉薄

錦です。 AMDがCESで発表されたモバイル向け「Ryzen 6000」シリーズAPUの詳細を明らかにしたことがわかりました。

Zen 4 CPUは思ったより早く来るかもよ!COMPUTEX TAIPEIでの発表され9月までに登場する可能性 〜 AM5マザーは今月にもサンプルの準備が整うとも

錦です。 Greymon55氏が、ツイートとそのツイートのリプライで、Zen 4 CPUについて話しています。

AMDの「Aerith(Van Gogh)」APUの写真 〜 Steam Deckに搭載されるZen 2 + RDNA 2のAPU

錦です。 Steam Deckのレビューが解禁されたようです。Gamers NexusとLinus Tech Tipsはレビュー用機を分解してYouTubeに投稿あるいはライブ配信のアーカイブが存在しています。

AMD、次期GPUシリーズ「RDNA 3」と次期CPUシリーズ「Zen 4」が年内に登場することを再度確認

錦です。 AMDは、2021年10月〜12月期の決算発表にて、次期CPUとGPUの登場を改めて確認しました。

Renoir-X CPU「Ryzen 7 4700」「Ryzen 5 4600」「Ryzen 3 4300」が準備中との噂

錦です。 Bilibiliに投稿された記事によると、Renoir-Xというシリーズが用意されていて、その中で3つのラインナップが存在するという情報があることがわかりました。

AMD、「AM5ソケット」もAM4くらい長期間採用する計画を明らかに 〜 クーラーはAM4とAM5で互換性あり

錦です。 AMDがCESで明らかにした「Socket-AM5」について、AM4ソケットと同じくらい長期間採用する計画を同社が明かしたことがわかりました。

【CES】Zen 4採用のRyzen 7000シリーズとAM5ソケットの存在を明らかに 〜 CPUは5nmで製造され、ソケットはLGA-1718に

錦です。ちょっと今週多忙でCESの情報が遅れ気味ですがなんとか更新します。 AMDはCESの基調講演にて、Zen 4を採用する「Ryzen 7000」シリーズの存在と、それが採用するAM5ソケットを発表しました。

【CES】AMD、3D V-Cacheを採用した「Ryzen 7 5800X3D」を正式発表! 〜 3D V-Cacheを採用した初3D V-Cache

錦です。 AMDは昨夜、3D V-Cacheを採用した「Ryzen 7 57800X3D」を正式発表しました。

AMD、Zen 3+ CPUにRDNA 2 GPUを統合しグラフィック性能が2倍に向上した「Ryzen 6000」シリーズAPUを発表 〜 レイトレにさえ対応してしまうスーパーAPU

錦です。 AMDは先程、最新のAPUラインナップ「Ryzen 6000」シリーズAPUを発表しました。

Zen 4 Ryzenの話 〜 big.LITTLEのような構造を一つのアーキテクチャで実現し、チップレットあたりのコア数は16コアに

錦です。 Wccftechが伝えるZen 4 CPUの話です。Zen 4 CPUは「Intel Hybrid Technology」に対抗するための構造を備えている可能性があることがわかりました。

AMD Lisa Su CEO、Twitterで「Ryzen 6000」シリーズ「Rembrandt」と見られるAPUをお披露目

錦です。 AMDのCEO、Lisa Su氏が日本時間3日午後11時にTwitterを更新し、これまでにない基盤を持つAPUを持った写真をツイートしました。

Zen 3+「Rembrandt」の最上位「Ryzen 9 6980HX」がRyzen史上初めて5.0GHzに到達

錦です。 Wccftechによると、CESで発表される予定の「Ryzen 6000」番台APU「Rembrandt」の最上位「Ryzen 9 6980HX」は最大ブーストクロックが5.0GHzに到達することがわかりました。

Ryzen 9 6900HXが内蔵するGPUは「Radeon RX 680M」に 〜 Ryzen 9 6900HXの仕様が明らかに・「Rembrandt」のiGPUには「Radeon RX 600M」が採用

錦です。 Wccftechによると、「Ryzen 9 6900HX」を始めとしたZen 3+ベースのAPUについて、iGPUのブランドが「Radeon RX 600」シリーズになるかもしれないことがわかりました。