Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Intel(CPU)

第11世代CoreプロセッサのCore i7/i9のラインナップと詳細な仕様 ~ 各コア数のブーストクロックなどが明らかに

錦です。 Wccftechが独占の情報として、第11世代Rocket Lake-SのCore i7/i9のラインナップと詳細な仕様を掲載しています。

Z490マザーで動作する第11世代Coreプロセッサ「Core i5-11600K」のベンチマーク

錦です。 Leakbench氏が第11世代Coreプロセッサ「i5-11600K」のベンチマークをツイートしています。

第11世代Rocket Lakeの35Wと65W帯のCPUのベンチマーク「i9-11900T」「i7-11700」 ~ 35Wでもシングルで「Ryzen 9 5950X」や「Apple M1」を上回る

錦です。 Leakbench氏のツイートから、Intel第11世代Rocket Lake-Sの35W帯CPU「i9-11900T」と65W帯「i7-11700」のGeekbench 5のスコアが流出しました。

Intelの公式サイトから「i9-10900KS」が見つかる ~ Comet Lake-Sの最上位SKUか

錦です。 Intelの公式サイトで、i9-10900KSなる未発表のSKUが見つかりました。

Comet Lake-S Refreshとなる「Core i3-10105F」のパッケージ画像 ~ Rocket Lakeではなく、世代も第10世代に

錦です。まーたIntelの非常にわかりにくい問題が。 Redditに未発表のSKU「Core i3-10105F」のパッケージ画像が投稿されています。

Alder Lake-Sのベンチマークが登場 ~ 16コア24スレッド・DDR5メモリを搭載したシステム

錦です。 HotHardwareがAlder Lake-SのCPUのGeekbench v4の結果をリークしています。おそらくES品です。

【Rocket Lake-S】Intel B460とH410チップセットは第11世代Coreプロセッサに対応せず ~ Intel 400チップセットとの互換性について公式発表

錦です。 IntelがIntel 400と第11世代Coreプロセッサ「Rocket Lake-S」の対応についての互換性の情報を明らかにしました。

Intel、Apple M1について「Intel Evo Platform」やTiger Lakeで反撃

錦です。 Tom’s Hardwareによると、Intelが「Intel Evo Platform」やTiger LakeとApple M1を比べれば、前者の方が優れている点が多いと主張していることがわかりました。

第12世代Coreのモバイル向け「Alder Lake-P」は14コア20スレッドのものが存在 ベンチマークが発見 ~ 最大4.7GHzで駆動

錦です。 Benchleaks氏が、Geekbenchで未発表のモバイル向け「Alder Lake-P」が発見されたとツイートしています。

IntelとTSMCが3nmの外部製造委託を締結した模様 ~ 2nmまで締結・Appleに次いで2番目に大きなTSMCの取引先に

錦です。 WccftechによるとIntelとTSMCが、将来のIntelのCPU製品をTSMC 3nmプロセスで外部製造する契約を締結した模様です。

第12世代Coreプロセッサ「Alder Lake-S」が9月に発表される可能性 Intel 600番台チップセットも同時に登場

錦です。 Uniko's Hardware氏が、9月に第12世代Alder Lake-SとIntel 600番台チプセットがリリースされることを示唆するツイートを投稿しています。

Intel、10nmで製造された新しい「Jasper Lake」を発表 グラフィックス性能が78%向上

錦です。 Intelは、教育市場向けのNシリーズの最新版「Jaspaer Lake」を発表しました。

GIGABYTEもIntel第11世代デスクトップ向けCoreのリリースが3月だと公表 ~ Skylake系統を維持しIntel 400チップセットと互換性

錦です。 GIGABYTEは、同社のZ490マザーボードでIntelの第11世代デスクトップCoreプロセッサをサポートするプレスリリースを公開し、その第11世代Coreが3月に登場することを明らかにしました。

Intel 第11世代デスクトップ向けCoreは3月下旬に発売 MSIが韓国サイトで明らかに

錦です。 韓国のサイト「dawana」のフォーラムで、MSIの公式アカウントがIntel Rocket Lake-Sシリーズのリリース時期を公開しています。

Intelが将来的にARMベースの独自プロセッサを開発・製造する可能性

錦です。 リーカーのJioriku氏氏が、信頼できるIntelの内部の連絡筋の話として、2-in-1デバイスや、折りたたみデバイスなどの折りたたみ式などのモバイルデバイスで使用する独自のARMプロセッサを開発・製造する計画を協議しているとツイートしています。

Rocket Lake-S「i9-11900K」「i9-11900」「i7-11700」のES品のCPU-Z ~ B560チップセットでもメモリOCが可能に?

錦です。 포시포시氏が、Chiphellのフォーラムに掲載されたRocket Lake-Sの「i9-11900K」「i9-11900」「i7-11700」のES品のCPU-Zの画像をツイートしています。

Tiger Lake-Hは35Wと45Wのシリーズに分かれる ~35Wのシリーズは4コア「i5-11300H」と「i7-11370H」

錦です。 VideoCardzによると、Geekbenchで「i7-11370H」と「i5-11300H」が発見されたことが分かりました。

【第11世代Core】Rocket Lake-SにCore i3は用意されず、Comet Lake-S Refreshが採用され「CypressCove」の採用はない

錦です。 VideoCardzとijiandao.comによると、Rocket Lake-Sが展開されるのはi5/i7/i9のみで、Celeron/Pentium/i3にはRocket Lake-Sは用意されない可能性があることが分かりました。

Core i9-11900のES品のベンチマークと仕様がリーク 1GHz差でもi7-10700Kに匹敵

錦です。 HXL氏がRocket Lake-SのCore i9-11900のES品の仕様とベンチマークをリークしています。

Rocket Lake-Sの最上位「Core i9-11900K」やミドル「i5-11400」などのスペックがリーク 250WのPLやThermal Velocity Boostも

錦です。 Wccftechによると、第11世代Coreシリーズのスペックがリークされたことが分かりました。

MSIがマザボの新機能発表でRocket Lake-SのES品を公開してしまう ~ 最新BIOSでvRAMをメインメモリにできる機能追加

錦です。 VideoCardzによると、MSIがIntel 400シリーズマザーボードに向けて配信するBIOSのニュースリリースでRocket Lake-SのES品のCPU-Zを公開していしまいました。

第11世代デスクトップ向けCore「Rocket Lake-S」は2021年3月に登場する Z490と互換性あり

錦です。 Wccftechによると、Rocket Lake-Sが2021年3月に登場する可能性があることがわかりました。

Intel、第3世代スケーラブルプロセッサ Ice Lake-SPを発表 32コアで64コアEPYCを上回る

錦です。 Intelは、第3世代スケーラブルプロセッサとなるIce Lake-SPを発表しました。今回は概要のみで、具体的な製品は出てきませんでした。

Tiger Lake-Hは32EUのXe-LP GPUを内蔵する 最大コア数は8コアのまま

錦です。 第11世代のハイエンドラップトップ向けCPUシリーズTiger Lake-Hのリークが登場しました。APISAK氏によると、UserbenchmarkにTiger Lake-HのSKUが掲載されている事がわかりました。

今後数年間のIntel CPUの話 第13世代Meteor Lakeで7nmへ移行か 8コア24スレッド製品も?

錦です。 Moore's Law is DeadがIntelの今後数年間のIntelの製品について言及しています。

第14世代デスクトップ向けCore「Lunar Lake-S」にはGen 13となる「DG3」のiGPUが搭載される

錦です。 結構立て続けのIntel GPUネタです。VideoCardzによると、将来登場するLunar Lake-SのiGPUには、Gen 13となるIntel Graphicsとなる「DG3」が搭載される可能性があることがわかりました。