Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

2011年から2012年にiPhoneを使用していた人はGoogleから7万円貰えるかもしれない

錦です。

iPhoneSafariでは、ユーザーの行動履歴の追跡が禁止されており、一般的には追跡することが出来ませんでした。

しかし、Googleはその制限を2011年6月から2012年2月まで迂回していた事が分かっています。それに対しイギリスの団体「You Owe Us」は、Googleに保証を求める「Google You Owe Us」のキャンペーンを開始。Googleを告訴。

このキャンペーンはGoogleに27億ポンド(約4100億円)の保証を求めており、この要求が通れば一人あたり500ポンド(約7万6000円)を受け取れるかも知れません。

Home - Google You Owe Us

何が問題になっている?

Appleが原則的に禁止している「サードパーティクッキーによるユーザーの行動追跡」をSafariの例外設定を利用しGoogleが不正に実行していました。

そのデータは、広告の表示に利用されていましたが、言えば強引なトラッキングと見れるこの行為は禁止されています。米国の連邦取引委員会は既に25億円の罰金をGoogleに課しています。

訴訟

今回の訴訟は、イギリスのユーザー540万人を代表してこの団体が告訴するというのが今回の訴訟となっています。

もし団体側が勝訴し保証を受けれる場合、この期間にiPhoneを持っていたという証明(領収書やAppleIDなど)が必要となります。

なお、一人あたりの保証金はあくまで推測で、27億ポンドを勝ち取ったとしても3万円程しかもらえない可能性もあります。

引用する場合、該当記事のURLの表示をお願いします。 もし文字が崩れたりする場合は、ChromeやFirefox Safariをお使い下さい。Nishiki-Hubでは、モバイルブラウザのSmoozの使用を推奨しています。


利用規約・プライバシーポリシー
Copyright ©Nishiki-Hub ©Tlooks All rights reserved.
編集長 NKIIB
編集長 HP