Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

32コアRyzenThreadripper 発表!!TDP250Wのウルトラスペック!ベースクロック3GHz

錦です。なんか、すごいっす

AMDは現地時間6日、RyzenThreadripperの二世代目を発表しました。

今回はなんと32コア64スレッド!!TDP 250W ベースクロック3.0GHz TB時で4.2GHz

Threadripper

今回発表されたものは2990WX,2970WX,2950X,2920Xで、2990WXが32コア64スレッドです。

特に今回特筆すべきは、コア数と値段。また、全体的に、第1世代のソケットと同じであり、X399マザーボードとの互換性もあります。

共通して、ZEN+アーキテクチャ 12nmプロセスです。

2990WX

2990WXは、今回発表された中で最上位モデル。32コア64スレッドのプロセッサです。

価格は1799ドル、ベースクロックは3.0GHz、ブースト時は4.2GHzとなります。TDPは250Wです。

AMDによると、このモデルは液体窒素冷却時、オーバークロックで5.1GHz以上を達成しているようで、CINEBENCH R15のマルチスレッド処理において、7618のスコアを出しています。ライバルであるCore i9-7890XEは5828です。

2970WX

2970WXは、今回発表された中で上から2番目のモデルです。とは言うものの24コア48スレッドという、ライバルであるIntel Core i9-7890XEよりもまだコア数が多く、ベースクロックは3.0GHz、ブースト時は4.2GHzと2990WXと同じです。

また、TDPも同じく250Wです。

価格は1299ドル

2950X

2950Xは、今回発表された中で上から3番目。16コア32スレッドで、型番からWが消えます。また、第1世代で同じく16コア32スレッドであった1950Xの型番を踏襲しているようにも見えます。

ベースクロックは3.5GHz、ブースト時は4.4GHzと、ブースト時のクロック数は今回発表された中でも最高となっています。価格は899ドル

TDPは180Wです。

2920X

2920Xは、今回発表された中で最下位モデル。とは言うものの、12コア24スレッドと、2桁コア数。そしてこのモデルで確信すべきは圧倒的な安さ。同じ12コアのIntel Core i9-7920Xが1189ドルなのに対し、こちらは649ドルとほぼ半額。

ベースクロックは3.5GHz ブースト時は4.3GHzとなります。

CoreXとの比較

では、同じく多コア数でライバルであるIntel CoreXと比較しましょうか

まずは12コア24スレッドのRyzen 2920XとIntel Core i9-7920X

  ベースクロック ブーストクロック 価格($) TDP
Ryzen 2920X 3.5GHz 4.3GHz 649 180W
Core i9-7920X 2.9GHz 4.3GHz 1189 140W

続いて、16コア32スレッドの、Ryzen 2950XとIntel Core i9-7960Xです。

  ベースクロック ブーストクロック 価格($) TDP
Ryzen 2950X 3.5GHz 4.4GHz 899 180W
Core i9-7960X 2.8GHz 4.2GHz 1684 165W

こう見ると、TDPはまだCoreXの方が低いのに対して、ほかはRyzenの方が優れていますね。

でも、Ryzenは組みにくいという私の偏見

発売

発売は2990WXが8/13、2950Xが8/31、2970WX 2920Xが10月となります。

これ、1950Xから乗り換える人いるのかなぁ??