Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

iFixit iPhoneXS/XS Maxを早速解体

f:id:doskokimeil127-dosd:20180923171707p:plain

錦です。

iPhoneの解体でおなじみiFixitが、iPhoneXS/XS Maxの解体レポートを発表しています。

iPhone XS and XS Max Teardown - iFixit

バッテリーはL字 iPnoneXS Maxは2つに分けて搭載

バッテリーは、iPhoneXS/XS MaxともにL字型に配置されています。そのうち、大型のiPhoneXS Maxではバッテリーが二つに分かれており、これは昨年のiPhoneXでも見られた配置方法でした。

バッテリー容量は、iPhoneXSが2,659mAh、iPhoneXS Maxが3,179mAhとわかりました。

ストレージは東芝製 RAMはMiron製

ストレージはiPhoneXS iPhoneXS Maxともに東芝製、RAMは両社ともにMicron製となっています。

耐水防塵性能のアップの仕方が不明

iPhoneXからiPhoneXSへの変更点の一つとして、耐水・防塵性能が IP67から IP68に代わっていることが挙げられます。しかし、iFixitによるとiPhoneXから耐水 防塵の為には変更点が見当たらず、どのように耐水 防塵性能を上げたかは不明です。

スコアは10点中6点

iFixitは、分解しやすさや修理のしやすさを踏まえて毎回 分解レポートの最後にその端末を10点満点で評価しています。

今回は6点でした。

加点の理由としては、ディスプレイが取り外し修理できるようになっていることで、原点の理由は背面ガラスの修理には筐体の変更が必要になることが挙げられています。

Source: iFixit,気になる、記になる