Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

新型MacbookAir登場!!4年ぶりの登場へ!Macbookとの違いは

錦です。

Appleは、スペシャルイベント内でMacbookAirを発表しました。

MacbookAir

前回のアップデートは2014で、画面付きの現行Appleバイス唯一Retinaディスプレイが搭載されていないモデルでした。

今回は、しっかりRetinaも搭載されています。

仕様

プロセッサ

第8世代Core i5プロセッサは固定のようで、プロセッサをここからカスタムすることは出来ないようです。

ベースクロック 1.6GHz ブーストで3.6GHzです。三次キャッシュは4MB

仕様的に考えるとCore i5-8350Uですね。多分

そんなことありませんでしたね。搭載されているのはCore i5-8210Y(AmberLake-Y)でした。詳しくは下から

MacbookAir プロセッサはCore i5-8210Y ベースクロック1.6GHz TB時3.6GHz - Nishiki-Hub

ディスプレイ

こちらもカスタム不可。13インチ(正確には13.3インチ)のRetinaDisplayを搭載。

なにもいってなかったのでLiquidではなく普通のRetinaなんでしょうね。

RAM

RAMはカスタムできて標準8GBから16GBを選べます。

SSD

SSDもカスタム可能で標準128GBから256GB 512GBそして1.5TBへアップグレードできます。

キーボード

キーボードはMacbookやMacbookProと同じバタフライ式のキーボード。

セキュリティ

今回のMacbookAirには左上にTouchIDのセンサーがあり、TouchIDを利用できます。

利用できるのはApplePay Macのロック解除 サードパーティの機能などです。

また、iMacPro MacbookPro2018にも搭載されたT2セキュリティチップが内蔵されています。

インターフェース

USB Aは廃止で、Thunderbolt3が2個 3.5mmイヤフォンジャックが搭載されています。

Macbookとの違い

性能にしては、Core i5-8210Y(AmberLake)と、Macbook同様Yプロセッサが搭載されています。世代的な向上はありますが、型的には向上はないようです。

また、MacbookはUSB-C×1なのに対して、MacbookAirはThunderbolt3×2となっており、端子類に関しても若干の優位性を保っているのがMacbookAirです。

機能にしてもTouchIDなど、MacbookAirが先行している部分があります。

個人的には、Macbookよりかは安くていいMacがMacbookAirだと思っています。

恐らく内面的にはもっと違いがあるのでしょうが、詳しいことはわかり次第お伝えします。


MacbookAirは現在予約受付中で、来週7日に発売です。