Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

年末にPCかうなら!!(Windowsノートブック編)

f:id:doskokimeil127-dosd:20181114214144j:plain

錦です。

今年も残り2週間ぐらい・・・。年末に向けて、仕事が忙しくなったり、来るクリスマスに向けて大切な人(筆者にはいませんが)へのプレゼントを考えてる方もいるかと思います。

年末にパソコンを買おうと思われる方も多いと思います。ということで、Nishiki-Hubでは3回に分けてPCの選び方というよりかは、おすすめのPC構成を紹介していきたいと思います。今回は、Windowsノートブック編

あくまで筆者の意見ですから、一つの参考としてとっていただけたら幸いです。

ビジネス・趣味・軽い作業用

ノートパソコンの醍醐味は、手軽さ・気軽さです。開いて電源を押せばすぐに使える。そして、安いものはとことん安い。そして、価格相応のものを買う必要があります。

例えば、OfficeやChromeで作業する人なら、そこまでハイスペックなパソコンはいりません。作業の種類にもよりますが、Officeは比較的軽いソフトに入りますし、Chromeも同様に考えられます。

そうなったときにおすすめの構成は、PentiumCeleronなどのCore未満のプロセッサを搭載したパソコン。価格帯としては3-6万ほど。メモリもそこまで多くはいりません8GBもあれば十分。4GBは厳しいかも・・・みたいな感じです。

ストレージは32GB以上。64GBもあれば十分でしょう。

Atom x5搭載 メモリ4GB ストレージ32GBのMUGA ストイックPCというものをNishiki-Hubでは先日取り上げました。税別価格が2万円を切る、同等レベルのPCでも群を抜いて安いPCです。

nishikiout.hatenablog.com

軽く動画編集・画像編集

そこまでヘビーではないけれども、動画編集や画像編集を行う方は、それなりのスペックが必要です。Uプロセッサというものがあります。Uプロセッサは省電力Intelプロセッサで店頭に並んでいる「Coreプロセッサ搭載」となっているノートパソコンには大体搭載されています。

Uプロセッサの特徴はその種類の多さです。書いている店と書いていない店がありますが、品番を見ることも大切です。

nishikiout.hatenablog.com

上の記事では、プロセッサの種類とどんなものかというものを紹介しています。

最小構成としては、Core i搭載 メモリが8GB以上 ストレージは128GB以上だといいと思います。

ゲーミング・がっつり作業

PUBGやAdobeCCなどを扱う人にとってスペックは重要です。

Coreプロセッサでも Hプロセッサ HKプロセッサをお勧めしたいところですが、やはりこれら二つは性能が良すぎて高いので、先ほど同様Uプロセッサをお勧めします。

Uプロセッサのうち、i5-8265U、i7-8565Uこれら二つのプロセッサは2018年秋登場の非常に新しいものです。8565Uは、デスクトップにスペックが追いつきかけているほど性能がいいです。H HKプロセッサを買う余裕がある場合はそちらを買いましょう。

ところで、UプロセッサとH HKプロセッサの違いですが、簡単に言うとCore i7 i3モデルでコア数が異なります。Core i9搭載ノートパソコンというのはHKプロセッサが搭載されています。コア数は、作業効率を高めるために必須です。Core i7-8850H i7-8750Hの2モデルは6コア12スレッドとほかのプロセッサが2コアや4コアなのに対して多いコアを搭載しています。

HKプロセッサは、ノートパソコン向けの中でも最上級モデルであり、唯一のモバイル向けCore i9プロセッサです。HKプロセッサも6コア12スレッドですが、周波数(速度)が驚異の4.8GHzという爆速な力を誇っています。

また、ゲーミングやクリエイティブにはグラフィックの性能も欠かせません。GeForce搭載ノートパソコンというのは、非常に性能がよく、グラフィックをCPUで処理する必要がないので、爆速です。GTX1050Ti搭載のものが多いと感じています。 GTX1050Tiを搭載していれば、CPUにもよりますがPUBGやフォートナイトは余裕で動きます。より快適なゲーミングを楽しみたい場合は、GTX1060やGTX1070搭載PCを検討ください。

メモリは16GBはほしいところ。32GBならなおよしですが、プロセッサが対応していないことがあるので、16GBでいいと思います。

まとめ

ノートパソコンは、一度触れてみることが大事です。家電量販店にもありますが、大阪・日本橋 東京・秋葉原をはじめ、全国のPC専門店には、より豊富なノートパソコンの種類があります。私個人としては、パソコン工房のSTYLEシリーズやLEVELシリーズは種類が多くておすすめです。実際に私自身、STYLEを利用していますが、快適だと感じています。これはあくまで一個人としての意見ですが、MouseやUNITCOMなど、世の中には多数のPCメーカーがあります。そうした専門店のホームページやオンラインストアを見ることもおすすめです。

ここに書いているものは基本スペックだけです。もしも不明なことがある場合は、Twitter @nishikiout へ質問をお送りください。できる限り返事します。

編集長 NKIIB
編集長 HP