Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

2020年のiPhoneは全モデルでOLED対応 上位モデルでは5Gに対応か 著名アナリストが予想

錦です。

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が、2020年のiPhoneについて予想しています。

画面サイズは3展開

画面サイズは、5.4インチ・6.1インチ・6.7インチの3種類が展開され、そのうち、5.4インチ・6.7インチが今のiPhone XSを後継するフラッグシップモデルになります。6.1インチモデルは変わらずiPhone XRの後継であると見られます。

画面は全てOLEDに統一され、上位モデルでは5G通信に対応します。

モデムにはQualcomm製が採用され、今年のiPhoneをもってIntel製モデムはなくなる(あるいは以前のように並行して供給される)と見られます。

また、2020年のiPhoneは、背面カメラを使用して画像と3Dデータを同時に取得することができる「3Dセンシング」機能や、音響指紋技術を採用する可能性もあると予想しています。音響指紋技術は、Galaxy S10のように画面上から指紋を認識できる技術ですが、Galaxy S10とは違い特定の場所ではなく、画面全てがセンサーになるというものです。

なお、2019年のiPhoneiPhone XS/XRの内部アップデートと見られます。

Source:AppleInsider

編集長 NKIIB
編集長 HP