Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

2020年のiPhoneにはTSMC 5nmを採用したApple A14が採用は確定か?AMDも

f:id:doskokimeil127-dosd:20190627161514p:plain

錦です。

TSMCは、投資家向けのイベントで2020年前半に5nmプロセスルールによる量産を開始する計画は順調であることを発表しました。

TSMC

TSMCは、台湾の半導体メーカーで、Appleは2017年のiPhone 6sから、SoCであるApple AチップをTSMCから独占供給しています。また、大手半導体メーカー AMDも、第3世代Ryzenにおいて、TSMCに生産を依頼しています。

現在、TSMCは7nmプロセスルールに関して先端の技術を有していますが、同社は来年にも7nmよりもさらに微細化された5nmプロセスでの生産を開始すと噂されてきましたが、今回の発表により、その噂は確定になりました。

自動運転にも貢献

Appleが開発しているApple Car(仮称)と呼ばれている自動運転自動車は、TSMCの5nmまたは3nmプロセスで製造されたSoCを実装すると噂されています。

2020年iPhoneにも搭載

2020年前半に量産が始まると、2020年のiPhoneではこの5nmプロセスで製造されたSoC Apple A14(仮称)を搭載するものとみられます。

2020年のiPhoneは、Qualcommのモデムを利用した5Gにも対応するとみられ、今年のiPhoneにも期待ですが、さらに期待です。

Ryzednも?

先述の通り、AMD RyzenTSMCによる生産が始まっており、TSMCが5nmプロセスルールを量産し始めると、おそらくRyzenも対応してくるとみられるので、来年とは言わずとも2021年の第5世代Ryzen 第4世代EPYCには5nmが採用されるのではないでしょうか。

第5世代Ryzenでは、このほかDDR5に対応するなどのうわさもあります。

編集長 NKIIB
編集長 HP