Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

AI学習に特化した最大56コアCPU「Cooper Lake」が発表

錦です。

Intelは、次期スケーラブルプロセッサの開発コード「Cooper Lake」を発表しました。

Cooper Lake

Cooper Lakeは、Cascade Lake-SPの後継にあたるスケーラブルプロセッサの開発コードで、14nmプロセスルールで製造されます。

最大56コアに対応し、Cascade LakeではサポートされなかったLGAソケットに対応し、Ice Lakeと互換性を持つとしています。

Xeon Platinum 9200シリーズよりも省電力モデルとなります。

AI学習に特化

Cooper Lakeは、Intelの「Deep Learning Boost」用の命令(bfloat16)がサポートされています。

そのため、組み込みのAI学習アクセラレーションが内蔵されていることになります。同社は、x86プロセッサとしてこれが初の搭載になるとしています。

また、メモリ帯域幅が広い(Xeon Platinum 8200よりも広い)ことなども含めて「高いAI推論・学習機能」を提供します。

現在出ている予想

今回、これ以上の詳しい仕様は登場しませんでしたが、リークや予想では詳しいものがあります。

例えば、56コアを実現するために、28コアCPUダイを1つのパッケージに2つ搭載するというもの。

また、メモリチャンネル数は8チャンネルになると予想されています。

ソケットに関する予想も、LGA4189ソケットになります。これは、今後登場するIce Lake-SPも同様になると思われます。

Intel