Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

【編集後記】小規模アップデートからの小規模アップデートなiPhone

錦です。

間もなく登場の新型iPhoneですが、噂通りのものになるとすれば、それは多くの層が求めていたものではない可能性があります。もちろん、これまで搭載してきた機能の多くはそのまま搭載されるため、アップグレードされるのはされますが、新型iPhoneの3眼カメラの設置方法のリークが不評であったり、やはりホームボタンを求める声は絶えません。

Sの年

Sの年という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、昨年Appleが製品の機能向上ではなく、品質向上に励むとされた年のことです。つまりは2018年のことです。そのため、新製品はそれほど多くは出ておらず、iOSも新機能の実装というよりかは高速化がメインのアップデートになりました。

そもそも、Sの年にあった原因はiPhoneにあります。2017年末にGeekbenchによる調査で、Appleが故意的にiPhoneの性能を劣化させているという情報を公開しました。これに対して、Appleはバッテリー劣化防止の為としていますが、実際のところ真偽は不明です。当時、報道が批判していたのが、iPhoneの性能を劣化させて、買い替えを催促していたのではないかということです。その後、iOSのアップデートでこの機能がオン・オフできるようになりました。

これに追い打ちをかけるように発覚したのが、Intelメルトダウンとスペクター問題。これに対して、Appleはこの問題を把握していたのではないかと批判されています。

これらの事件が起きたせいで、iPhoneはマイナーチェンジに収まったとされています。ただ、実際には、iPhone Xという大型アップデートの波動で小さくなったとも考えられます。

iPhoneの不振は、iPhone Xのアップデート版の受けが一部で良くなかったというのが大きく挙げられていますが、単純にiPhoneが所属する「ハイエンドスマートフォン帯」を中心にスマートフォン市場に縮小の兆しがあったためでもあります。

2年周期のフルモデルチェンジ

iPhoneは、iPhone Xの登場までほぼ2年毎にフルモデルチェンジを行ってきました。フルモデルチェンジとは、デザイン・機能が一新されたアップデートのことを言います。iPhone 5からiPhone 6とか、iPhone7とかがそれに当てはまりますが。

周期的にiPhone Xというフルモデルチェンジから2年である今年フルモデルチェンジが行われるはずです。しかし、今年のiPhoneは、マイナーアップデートである可能性が高いです。カメラが3眼になる、クロマキー撮影ができるようになるなどの新機能もありますが、本質的なフルモデルチェンジは、2020年か2021年であるとされています。

iPhoneの不振原因が、iPhone XRになかった目新しさだとするならば、今年も不審になるのは間違いないでしょう。ただ、iPhone XRの売上はここに来て上昇の兆しが大いにあり、ここに新型iPhoneを突っ込んでどうなるかは不明です。