Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

第3世代 Ryzen Threadripperの事前準備は危険?X399マザボが非互換の可能性

f:id:doskokimeil127-dosd:20191014183053p:plain

錦です。

AMDは、11月に第3世代Threadripperを発売しますが、どうやらマザーボードが対応しない可能性があるとのこと。

マザボ

第3世代Ryzen ThreadripperはX399マザーボードではサポートされないという噂が出てきています。「え?AMDって2020年までチップセットの互換性を保つんじゃないの?」と思った方もいると思いますが、どうやらAMDは、AM4に関して、つまり普通のRyzenはサポートを約束していますが、TR4 つまりThreadripperではサポートを約束していないということ。

また、AMDは、第3世代Threadripperの存在を発表したとき、既存マザボのサポートについて言及はしていませんでした。

もしかしたら、Ryzne Threadripperの前準備として、既存マザボを購入検討されている方はご留意ください。なお、もちろんですが、ASRockやASUSGigabyteなどが第3世代Threadripperに向けたマザボを準備している模様です。

Threadripper

第3世代Ryzen Threadripperは、第3世代Ryzenと第2世代EPYC同様、Zen 2マイクロアーキテクチャを採用したワークステーション向けのRyzenです。

基本的にThreadripperはEPYCがベースになるとのことですから、第2世代EPYCのように最大8コアのダイ×最大8ダイ+I/Oダイという構成になると見られています。つまり構成上、最大8×8の最大計64コアが可能になるとのこと。ただ、今回はそれではなく、32コアが最大になると見られています。なお、すでに24コアモデルの存在が噂されています。TSMC 7nmで製造されます。

余談なんですが、Ryzenはわかりやすいですね。エントリ向けのAthlonと、メインストリーム向けのRyzenと、データセンタ向けのEPYC、そしてワークステーション向けのRyzne Threadripperというふうに何がどのプロセッサかわかりやすい。Intelワークステーション向けのXeonワークステーション向けのXeonが混ざり合ってるからわかりにくいよ(泣)