Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

今年のiPhoneは6種類?有機EL 4モデルと液晶 2モデルのいう予測 iPhone 8 Plusの後継か?

錦です。

Appleが今年発売するiPhoneについての情報です。

iPhoneは通常、年1回、秋に登場します。しかし、今年は秋と春に登場します。

秋には例年通り、フラグシップiPhone 11の後継)であるiPhone 12(仮称)が、春には2016年のような廉価版(iPhone SEの後継)であるiPhone SE 2(仮称)が登場すると見られています。

これまでの情報ではiPhone 12シリーズは計4シリーズ、iPhone SE 2は1モデルという予測でした。

しかし、DigiTimesサプライチェーンからの情報として、Appleは2020年に最大6種類のiPhoneを発売すると報じています。これは、これまでになかった新しい情報です。

そのうち2モデルは、液晶(LCD)が採用されるとのこと。残り4モデルは有機ELが採用されるとの事です。

これを踏まえると2020年中に登場すると見られるiPhoneは以下の通りになります。

  • 4.7インチ LCD iPhone SE 2(1眼カメラ・5Gサポートなし・A13)
  • ?.?インチ LCD iPhone SE 2?
  • 5.4インチ OLED iPhone 12(2眼・5Gサポート・A14)
  • 6.1インチ OLED iPhone 12(2眼・5Gサポート・A14)
  • 6.1インチ OLED iPhone 12 Pro(3眼・5Gサポート・ToF・A14)
  • 6.7インチ OLED iPhone 12 Pro Max(3眼・5Gサポート・ToF・A14)

新しく浮上した謎のiPhoneですが、信ぴょう性に欠けるところがありますが、あるとするならば5.5インチLCDiPhone 8 Plusの後継と見られます。

  • 5.5インチ LCD iPhone SE 2 Plus(2眼・5Gサポートなし・A13)

こうなるかと。ただ、カメラはiPhone 8 Plusのような広角+望遠ではなく、広角+超広角になると見られます。


これまで5種類と言われていたiPhoneの数が6種類になったとして、iPhone SE 2のバリエーションが増えると考えるのが自然で、iPhone 12シリーズについてはこれまでの噂通りになると見ていいでしょう。

秋に登場するiPhone 12はまだしも、春に登場のiPhone SE 2というモデルには未だ不確定要素が多数あり、名称自体iPhone SE 2という情報もあれば、iPhone 9ではないのかという情報もあります。