Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

2020年前期・中期のCPU・GPUの発表予定

f:id:doskokimeil127-dosd:20200123220602p:plain

錦です。

2020年の半導体の面白さは、CESから始まり、今現在、コロナウイルスの影響が若干当初の予定よりも1ヶ月ほど遅れていますが、おおよそ予測通りの状態になっています。そこで、今回は2020年春から夏にかけてのCPU/GPUを予想をまとめてみたいと思います。

今後・直近のCPU・GPUのローンチ予測

では、いまわかっている今後のCPU・GPUのローンチの予測と、今現在すでに販売されている情報をまとめてみましょう

  • 1月:【AMDRadeon RX 5600 XT発売
  • 2/8:【AMDRyzen Threadripper 3990X発売
  • 3/21:【NVIDIAGeForce RTX 30シリーズ発表・発売(3080 Ti/3080/3070?)
  • 3月-4月:【Intel】Comet Lake-S/H発表・発売
  • まもなく?:【AMD】B550/A520チップセットのローンチ
  • 5-6月?:【AMD】Zen3発表
  • 春~夏:【AMDRadeon RX 5800/5900/5950などハイエンドNavi発売?
  • 夏?:第4世代Ryzen 登場?
  • 夏頃:【IntelTiger Lake-U/Y発表?

2020年前半のトレンドは、メインストリームの充実・ハイエンドの展開が中心となりそうです。

IntelはComet Lake-S/Hの発表を控えている他、省電力ノート向けには第2世代10nmプロセスであるTiger Lake-Uも控えています。

AMDは、CPUの展開自体はかなり先と予想されており、はやくてCOMPUTEX TAIPEI、E3になると見られます。ただ、AMD GPUは、RX 5600というミドルレンジの投入がすでに行われたほか、まもなくRX 5800以上のハイエンドNaviについても登場するものと見られています。ハイエンドNaviにはレイトレーシング

NVIDIAは、3月にもAmpere GPUを登場させると見られており、これはRTX 3080 Ti/3080/3070が少なくとも登場するものと見られます。これだけで胸熱でしょ。


トレンドとしては、Comet Lake-SとRTX 30のコンボ、またはComet Lake-SとハイエンドNaviのコンボが中心になると思われます。

そして何気に重要なのが、B550チップセット。現在、第3世代Ryzenを利用するにはX570というハイエンドチップセットを利用するか、X470やB450といった過去のチップセットを利用するかしかありません。特に、PCIe 4.0を利用するには、X570が必要です。B550チップセット自体にはPCIe 4.0のサポートは含まれませんが、Ryzenから伸びるPCIe 4.0は利用できるマザーボードが多数登場すると見られることから、廉価グレードにもPCIe 4.0がやってくるということになります。B550チップセットは廉価グレードのマザーボードに採用されるので、第3世代Ryzenが再燃すると思います。最近、6C6TのRyzen 5 3500が1万円台で発売されたので、それとRX 5600とかRX 5500とかGTX 16シリーズを組み合わせて安価ゲーミングが流行しそう(というかそれで自作しようかな)。

ほかにも、第4世代Ryzenが登場するとかなんとか。そもそもCESでZen 3が出てこなかったのは完全に誤算で、じゃあCOMPUTEXとE3で新型Ryzenね。って思ってましたが。どうやら、COMPUTEXでZen 3、E3以降に製品が出てくるのかなと思います。