Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

うめきた新駅 JR大阪駅と統合へ 改札出なくとも乗り換え可能 名称も統合

錦です。

JR西日本は、なにわ筋線・ おおさか東線東海道支線)の駅として開業するうめきた新駅について、JR大阪駅と統合することを発表しました。

うめきた新駅は、梅田地区の北エリアに新たに新設される駅(ホーム)で、現状、新大阪から天王寺大阪環状線経由で向かう時には停車できない梅田エリアに停車できるようになります。

2023年の開業当初は、東海道貨物線東海道支線)が乗り入れる予定で、関空と京都を結ぶ特急・はるか などの前述の、新大阪方面から天王寺方面に向かう時に梅田エリアをスルーしてきた電車が停車します(実質 東海道貨物線の地下化で、運行上経由地とされていた大阪駅に停車するというわけ。)

そして、2031年には天王寺関空方面を大阪都市部経由で結ぶなにわ筋線が開業し、これが乗り入れる予定です。

統合

うめきた新駅は、これまで北梅田駅(仮称)となっていましたが、JR大阪駅とさほど距離が離れていないことなどから、名称や扱いがどうなるのか注目されていました。

最終的に、JR西日本うめきた新駅を、JR大阪駅の新設の路線とホームとして扱い、うめきた新駅と既存のJR大阪駅改札内通路で結ばれるということを発表しました。

そのため、うめきた新駅はJR大阪駅として扱われ、おおさか東線東海道貨物線なにわ筋線とJR京都線神戸線大阪環状線などが改札から出なくとも乗り換えることが可能とのこと。

これに伴い、新たな改札も設けられ、大阪駅の西地区との利便性も向上します。


2024年には大阪駅北地区の先行街開きが予定されており、今後、新たなJR大阪駅を中心に、北梅田エリアの開発が進み、より良い街になることを期待します。

「うめきた(大阪)地下駅」と「大阪駅」の改札内連絡通路の整備 並びに「うめきた(大阪)地下駅」の駅名について:JR西日本

なお、南海からのリリースは今のところなく、南海の駅がどうなるかは不明です。