Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

ラップトップにして300Hz駆動ディスプレイを搭載!Razer 第10世代Core HとRTX Superを搭載可能な「Razer Blade 15」を発表!

f:id:doskokimeil127-dosd:20200403234030p:plain

錦です。こいつはとんでもねぇ・・・

Razerは、第10世代Core Hを搭載し、RTX Superを搭載可能なラップトップ「Razer Blade 15」を発表しました。

製品の大きな特徴は、300Hzリフレッシュレートのディスプレイを搭載していること。ラップトップとしては、最速のリフレッシュレートです。

それでは仕様を見ていきましょう。

標準モデル

標準モデルは、Core i7-10750H(6T12T 2.6GHz~5.0GHz)を搭載しています。

GPUは、GeForce GTX 1660 Ti(6GB GDDR6)、RTX 2060 Max-Q(6GB GDDR6)、RTX 2070(8GB GDDR6)から選択可能です。RAMは、DDR4-2933 16GBのみの展開になっています。

ディスプレイは、144Hz表示のフルHD液晶、または144Hz表示の4K OLEDです。画面サイズは15.6インチです。4Kモデルは、P3色域とタッチ操作に対応し、応答速度は1msです。

カメラは100万画素です。バッテリー容量は65Whとなっています。

上位モデル

上位モデルは、Core i7-10875H(8C16T 2.3GHz~5.1GHz)を搭載しています。

GPUは、GeForce RTX 2070 Super Max-Q(8GB GDDR6)、RTX 2080 Super Max-Q(8GB GDDR6)から選択可能で、RAMは標準モデルと変わりません。

ディスプレイは、300Hz表示のフルHD液晶、または300Hz表示の4K OLED(Gorilla Glass)です。画面サイズは15.6インチです。4Kモデルは、P3色域とタッチ操作に対応し、応答速度は1msです。

カメラは100万画素で、Windows Helloに対応します。バッテリー容量は80Whとなっています。

共通の仕様

OSはWindows 10 Homeになっています。

ワイヤレスは、Wi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応しています。物理ポートは、Thunderbolt 3とUSB 3.1 Type-C×2・USB 3×2になっており、上位モデルでは、USB PDがサポートされるポートがついています。

価格は1599.99ドルからで、5月から米国とカナダで発売するよていで、追ってその他の地域にも展開予定としています。