Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

コスパ重視のAMD B550チップセット搭載マザーが6月16日に発売されるという噂 21日に発表か

f:id:doskokimeil127-dosd:20200418132056p:plain

錦です。

Wccftechによると、廉価帯のRyzen向けチップセットであるB450の後継 B550とその搭載マザーボードが6月16日に発売される事がわかりました。

現状、第3世代Ryzen向けのマザーボードは、ハイエンドのX570チップセットのみで、第3世代Ryzenの全機能を利用するには、高価なX570マザーボードを利用する必要がありました。安価に構成するには、B450マザーボードを利用する他ありませんでしたが、この500シリーズの廉価帯のB550の登場が期待されています。

第3世代Ryzenは、CPUダイとともに、I/Oダイを搭載しており、それによって高度な機能を提供しています。X570チップセットもI/Oダイそのものであり、X570マザーボードはI/Oダイを実質2つ搭載しているようなものになっています。B550はこの内一つが廉価帯のチップセットに変わりますが、CPU側自体のI/Oダイは変わらないため、優れたI/Oを有しながらも価格を抑えています(というよりは機能をCPU側のI/Oに委ねた感じ?)。

なら、B550だけでX570いらないじゃんとなるかもしれませんが、マザーボードメーカーはX570に向けて、VRMを強化したりしてX570を選ぶ理由を提供しています。

AMD B550マザーボードは、5月20日に発表され、6月16日に発売されるとのこと。Wccftechは、B550マザーの価格が80ドル~150ドルと見込んでいています。日本円では最安価向けで1万円切るか切らないかぐらいですかね。

AMD X470マザーは120ドル~130ドル、B450マザーが60ドル~80ドルの価格帯をそれぞれ担います。


X570は高すぎるし、機能あり過ぎでいらない・・・けどPCIe 4.0はほしい・・・という方向けには嬉しいものになるのではないでしょうか。ただ、最近5~8万円で、ある程度の性能を持つゲーミングPCがRyzen 5 3500などで構成されていることを考えると、B550が登場してB450の価格が下がるのもコンシューマにとっては嬉しいことではないでしょうか。