Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

ARM MacはMacBook 12インチから 5Gに対応しバタフライ構造に?

錦です。

ARM Macについてです。今回は複数の情報がほぼ同時に出たのでまとめてご紹介します。

予定

Fudge氏のRedditの投稿に、ARM Macについての詳しいリーク情報が書かれています。

同氏によると、MacのARMへの移行は、4段階で進んでおり、MacBook Pro 2016から採用されるApple T1がその第一段階「ステージ1」、2018年以降の多くのMacに搭載されるApple T2チップはその第二段階「ステージ2」であるとしています。

Apple Tチップには、TouchIDのサポートやSSDの暗号化などの機能が組み込まれており、セキュリティチップとされています。

ステージ3は、実際にメインプロセッサとしてARMが登場する段階です。ステージ1と2では、あくまでIntel CPUがメインでしたが、これを置き換えたもの。それをまず1製品出すと言うのがステージ3になります。

これは、恐らくMacBook 12"であるとしており、これに関わる発表がWWDC 20以降にあるとしています。

ステージ4では、さらにその先、全てのMacがARMになるということみたいです。

5G

同レポートでは、ARMチップで5Gのサポートが含まれることも発言されています。

Appleは、iPhoneQualcommのモデムチップを使って5Gに対応することが予測されていますが、ARM Macがどうなるかは分かりません。

Intelから買収した、モデムがもう出来上がったとは考えにくいので、恐らくQualcommIntelか、あるいはそれ以外かであることが予想されます。

キーボード

キーボードはどうやらバタフライキーボードの再来とのこと、、、なぜあのキーボードを再来させるのかは分かりませんが、Apple内部ではまだバタフライキーボードの開発は進んでいるようです。。。

BootCamp

BootCampは、Mac上でWindowsを動かすシステムですが、ARM Macでは初めは動作しないとのこと。

WindowsもARM版のものがありますが、現状サポートされているのはSnapdragonのみになっています。しかし、今後、WindowsApple Aチップをサポートするという見方が多いので、数年以内には対応するのでしょう。

MicrosoftQualcommの間で独占契約が交わされてなかったら の話ですが(多分大丈夫だと思います)。

登場

ARM Macは、早ければWWDCでその存在が明らかにされ、来年前半に製品が登場すると見られています。