Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Samasung、QLC採用で最大容量8TBを実現したコンシューマ向けSATA SSD 「870 QVO」を発表

f:id:doskokimeil127-dosd:20200701233328p:plain

錦です。

Samasungは、コンシューマ向けSATA SSDの最新ラインナップ「870 QVO」を発表しました。

870 QVOは、QLCが初めて採用された860 QVOの後継となり、QLCとしては第2世代目の製品になります。860 QVOからNANDフラッシュメモリやコントローラの進化による性能と耐久性の向上が施されています。

大容量化

QVO 870では、これまでの最大容量を上回る8TBモデルが用意されます。8TBはコンシューマ向けのSSDとしては最大容量となっています。

接続はこれまで通りSATAであることには間違いないのですが、4bit MLC V-NANDとしては2世代目のV-NANDを採用しています。メモリセルの積層数が90層以上に高められており、この積層数の向上が8TBの実現に貢献しました。

サイズは、従来通り2.5インチフォームファクタ、厚みが6.8mmになっています。接続は6GbpsのSATAになっています。

コントローラの進化

コントローラには、MKX controllerが採用されています。870 QVOではコネクタの上限がある影響で劇的な進化が見られることはないですが、第2世代V-NANDに最適化されています。

NANDフラッシュメモリの一部をキャッシュとして利用する「Intelligent TurboWrite」機能は継続搭載され、TurboWrite有効時の仕様上の速度はリードが最大560MB/s、ライトは最大530MB/sになっています。無効時にはライト速度が80MB/sから160MB/s似て活かします。

キャッシュを利用したTurboWriteが効くのは全ラインナップ共通で標準 6GB、Intelligent TurboWriteの場合、1TBモデルが36GB、2TB/4TB/8TBモデルが72GBになり、TurboWriteが有効になる容量の限度は1TBモデルが42GB、2TB/4TB/8TBモデルが78GBとなります。OSやゲームのインストールには大きく影響はなさそうですが、大容量の写真・動画データを扱う場合には少し意識したほうが良さそうな数値になっています。

発売

北米での希望小売価格は以下の通り。

  • 1TB:129.99ドル(約15,000円)
  • 2TB:249.99ドル(約25,000円)
  • 4TB:499.99ドル(約5万円)
  • 8TB:899.99ドル(約9万円)

日本円での価格が公表されていないので、あくまでもUSDを日本円に直すという形になりますが、概ねこのあたりかと。個人的に、8TBが10万円を下回りそうな価格で(上回ってもそれほど高くなさそうな価格で)登場してくれているので、サブストレージとして起用するのも有りかなと思っています。

今後、この870 QVOを採用した外部SSDなどが登場することなどが期待されますね・・・。

Source:PC WatchThe Verge