Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

次期iMacにはi9-10910というCPUが採用される可能性 OpneCLベンチマークが登場 GPUも

f:id:doskokimeil127-dosd:20200421150047p:plain

錦です。

今秋登場が期待されているiMacですが新たな情報です。著名リーカーの_rogame氏はiMacとみられるOpenCLのGeekbenchのスコアをリークしています。

CPUには、Core i9-10910というSKUが採用されており、未発表のプロセッサになっています。名称的にi9-10900のカスタムチップとみられます。TDPが65WのCPUと見られています。

コア スレッド ベースクロック TDP キャッシュ
i9-10900 10 20 2.8GHz 65W 20MB
i9-10910 10 20 3.6GHz 65W? 20MB
i9-10900K 10 20 3.7GHz 125W 20MB
i9-10900K(cTDP) 10 20 3.3GHz 95W 20MB

ベースクロックが高くなっており、65Wより上回る可能性があります。95Wくらいかなぁ。ベースクロック3.6GHzというのは上位のi9-10900Kに匹敵します。

メモリがDDR4-1333になっているのはサンプル品だからということと見られます。実際にComet Lake-Sのi9のメモリ仕様はDDR4-2933になっています。

GPUにはRadeon Pro 5300が採用されています。こちらも未発表のGPUになっており、MacBook Pro 16インチのRadeon Pro 5300Mのデスクトップモデルであるとみられ、Navi 14のコアが採用されるとみられます。ベンチマークからは20CUであることがわかり、クロックも最大1.65GHzになっています。5300Mでは1.25GHzになっているので、ここはデスクトップ版とラップトップとの違いとみられます。vRAM容量は4GBのようです。 

そして、肝心のスコアですが、32366となっています。MacBook Pro 16インチ 5300Mカスタムが 21000~24000で推移しているので、だいたい30%くらい高くなっています。

Geekbench