Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Intel、10nm初デスクトップ向けCPU「Alder Lake」は2021年後半に登場することを明らかに 7nmの遅延を認める

f:id:doskokimeil127-dosd:20200724165841p:plain

錦です。

Intelは2020年度第2四半期の収益報告のプレスリリースで、Alder Lakeと同社のプロセスルールについて言及しました。

現在最新のデスクトップ向けCPUは、4月に発表された「Comet Lake-S」です。その次の製品シリーズは「Rocket Lake-S」になります。「Alder Lake-S」はその次になります。世代で言うと「Comet Lake-S」が第10世代、「Rocket Lake-S」が第11世代、「Alder Lake-S」が第12世代となります。

Intel is accelerating its transition to 10nm products this year with increasing volumes and strong demand for an expanding line up. This includes a growing portfolio of 10nm-based Intel Core processors with “Tiger Lake” launching soon, and the first 10nm-based server CPU “Ice Lake,” which remains planned for the end of this year. In the second half of 2021, Intel expects to deliver a new line of client CPU’s (code-named “Alder Lake”), which will include its first 10nm-based desktop CPU, and a new 10nm-based server CPU (code-named “Sapphire Rapids”). The company's 7nm-based CPU product timing is shifting approximately six months relative to prior expectations. The primary driver is the yield of Intel's 7nm process, which based on recent data, is now trending approximately twelve months behind the company's internal target.

Intelのリリース(PDF)より

今回明らかになったのは、Alder Lake-Sのプロセスと登場する時期です。Intelはリリースの中で、デスクトップ向け10nm CPUの最初の製品がAlder Lakeであることと、Alder Lakeが2021年後半に登場することを明らかにしました。

Rocket Lake-Sがいつ登場するかは不明ですが、少なくとも2020年後半から2021年前半に登場することが今回のリリースで明らかになったことになります。また、Rocket Lakeでサポートされる内容も合わせ、Alder Lakeの既出情報をまとめると

  • PCIe 4.0に対応する(Rocket Lakeから)
  • Intel 10nmで製造(最初のデスクトップ向け10nm CPU)
  • ソケットはLGA1700に
  • DDR4を継続サポート?(Alder LakeのテストはDDR4)
  • Intel Hybrid Technologyの形式が取られ、最大Atom系8コア+Core系8コアの計16コアに
  • Alder Lakeの後継「Sapphire Rapids」ではDDR5がサポートされるとみられるため、Intel 700チップセット(?)はAlder Lakeと互換性がなくなる(ソケットは共通)
  • iGPUはGen12(Xeアーキテクチャ
  • Ice Lakeの次のサーバー向けCPUは「Sapphire Rapids」

f:id:doskokimeil127-dosd:20200724194151p:plain
第8世代から第13世代までの動向

これに加えて、プロセスの情報をまとめると

  • 次の10nm製品はTiger Lakeである(まもなく登場)
  • サーバー向けのIce Lakeは今年後半に登場(既報通り Ice Lake-SP)
  • 7nmは当初の予定(目標)より12ヶ月遅延している=2022~2023に登場
  • デスクトップ向け10nmの最初の製品はAlder Lakeである=すなわちIce Lake-XはAlder Lakeの後に登場するということになる

こんな感じですね。時系列にすると

  • 2020年夏~秋  Tiger Lake-U/Y登場
  • 2020年夏~冬  Ice Lake-SP登場
  • 2020年冬~2021年春 Rocket Lake-S登場
  • 2020年冬~2021年春  Tiger Lake-H登場
  • 2021年後半   Alder Lake登場
  • 2021年後半移行 Ice Lake-X登場
  • 2022年移行   Sapphire Rapids登場(10nm or 7nm?)

文字色は、青が10nm、赤が14nmの製品になっています。Sapphireは10nmか7nmかまだはっきりしていません。

via wccftechVideoCardz