Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Huaweiが自社SoC「Kirin」シリーズの生産を中止 Mate 40が最後のKirin搭載フラグシップの可能性

f:id:doskokimeil127-dosd:20200811150743p:plain

錦です。

AP通信によると、HuaweiのCEO、Richard Yu Chengdong氏が、深センで開催中のテクノロジーのイベントにて、9月以降Kirinを生産できなくなると語ったことがわかりました。

同社は、深センで開催中のイベント「2020 Summit of the China Information Technology Association」に出席しており、同氏は「確実に次の時代に勝つ」という題の講演で演説を行い、生産できなくなると語ったそうです。

これは、Kirinを製造している請負業者が、米国の制裁対象となる、米国の製造技術(製造装置)を採用しているためとしており、制裁の開始予定期日 9月15日にKirinの生産が中止します。

Huaweiは、今年秋にも同社のハイエンドスマートフォンシリーズ「Mate 40」を新たに投入する予定ですが、Yu氏はこれがハイエンドKirinプロセッサを搭載する最後の世代になる可能性があるとしています。


おそらく、請負業者はTSMCのことを指していると見られますが、TSMCは5月に、米国のHuaweiに対する制裁を受けて、5月に新規発注を停止していると報じられており、Huaweiがそれを前に大量の注文を発したと報じられています。

なお、Huaweiは、IntelQualcommといった米企業との取引のほか、米国の技術を採用した他国の製品についても供給が規制されており、ハイエンドチップについては深刻な供給の問題を抱えています。この動きについて、米企業は黙ったみているわけではなく、Qualcommは、米政府にHuaweiへの供給ができるようにロビー活動を続けていると報じられています。

ミドルレンジ

ハイエンドチップについてはHuawei自身に製造する技術がないものの、ミドルレンジのKirinプロセッサについては、Huawei自身に製造する技術があるので、同社のスマートフォン全体が影響を受けるわけではない模様です。

Source:ITmedia NEWScomputing.co.uk