Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

AMD A520チップセットが解禁 各マザボメーカーから搭載製品登場 発売は22日

f:id:doskokimeil127-dosd:20200523034410p:plain

錦です。

ASRock、ASUSは、AMDのエントリ向けのチップセットAMD A520」搭載のマザーボードを発表しました。AMD A520チップセットの互換性と説明はこの記事の最後に載せます。

なお、販売解禁はすべて8月22日午前11時からです。

ASUS

ASUSから登場したのは3製品で、全てmicroATXになっています。

TUF GAMING A520M-PLUS

TUF GAMING A520M-PLUSは、ゲーミングマザーボードとなっており、Aura Syncを利用したソフトウェアからのLED照明の色の自由な変更が可能になっています。価格はオープンプライス

PCIeは、3.0 x16、x1がそれぞれ1本ずつ、ストレージでM.2スロットが1ポート。その他の内部ポートは、SATA 6Gb/sが4ポートあります。メモリは最大DDR4-4800までサポートされ4スロット、最大128GB搭載可能です。

外部インターフェイスは、USB 3.2 Gen 2が1ポート、Gen 1が6ポート、USB 2.0が5ポート、1Gbイーサーネットが1ポートと各種オーディオ端子になっています。映像出力はHDMI 2.1、DVI-D、D-Sub 15ピンがそれぞれ1ポートずつになっています。

PRIME A520M-A

みんな大好き(かは知らないけど)PRIMEシリーズ。管理ソフトである「Armory Crate」やファンコントロールに対応し、デジタル電源回路「DIGI+ VRM」も搭載されています。

PCIeは、3.0 x16が1本、x1が2本、ストレージでM.2スロットが1ポート。その他の内部ポートは、SATA 6Gb/sが4ポートあります。メモリは最大DDR4-4800までサポートされ4スロット、最大128GB搭載可能です。

外部インターフェイスは、USB 3.2 Gen 1が6ポート、USB 2.0が6ポート、1Gbイーサーネットが1ポートと各種オーディオ端子になっています。映像出力はHDMI 2.1、DVI-D、D-Sub 15ピンがそれぞれ1ポートずつになっています。

PRIME A520M-E

A520M-Eは上記のA520-Aからメモリがダウングレード、その他でアップグレードされた製品になっています。Armory Crateやファンコントロールに対応し、デジタル電源回路「DIGI+ VRM」も搭載されています。

PCIeは、3.0 x16が1本、x1が2本、ストレージでM.2スロットが1ポート。その他の内部ポートは、SATA 6Gb/sが4ポートあります。メモリは最大DDR4-4600までサポートされ2スロット、最大64GB搭載可能です。

外部インターフェイスは、USB 3.2 Gen 2が1ポート、Gen 1が6ポート、USB 2.0が6ポート、1Gbイーサーネットが1ポートと各種オーディオ端子になっています。映像出力はHDMI 2.1、DVI-D、D-Sub 15ピンがそれぞれ1ポートずつになっています。

ASRock

ASRockから登場したのは3製品です。

A520M Pro4

「A520M Pro4」は、「Premium 50A Power Choke」を8フェーズ搭載しているMicroATXマザボです。価格は9,980円。

PCIeは、3.0 x16が1本、x2(x16形状)が1本となっています。その他の内部ポートは、Ultra M.2、M.2、M.2 2230(ワイヤレスカード用)がそれぞれ1ポートずつと、SATA 6Gb/sが4ポート。メモリは、DDR4-4733 4スロット 最大128GBになっています。

映像出力は、D-Sub、DisplayPort、HDMIがそれぞれ1ポートずつ、トリプルディスプレイに対応します。

A520M-HDV

「A520M Pro4」は、「Premium 50A Power Choke」を6フェーズ搭載しているMicroATXマザボです。価格は7,990円。

PCIeは、3.0 x16が1本、x1が1本となっています。その他の内部ポートは、Ultra M.2が1ポートと、SATA 6Gb/sが4ポート。メモリは、DDR4-4733 2スロット 最大64GBになっています。

映像出力は、D-Sub、DVI-D、HDMIがそれぞれ1ポートずつ、トリプルディスプレイに対応します。

A520M-ITX/ac

「A520M-ITX/ac」は、「Premium 60A Power Choke」と「50A Dr.MOS」の8フェーズデジタル電源回路を搭載するMini-ITXマザボです。価格は12,800円。

PCIeは、3.0 x16が1本となっています。その他の内部ポートは、Ultra M.2が1ポート、ワイヤレスカード用M.2が1ポート、SATA 6Gb/sが4ポート。メモリは、DDR4-4733 2スロット 最大64GBになっています。

映像出力は、HDMIとDisplayPort 1ポートづつでデュアルディスプレイに対応します。

A520チップセット

A520チップセットは、AMD 500シリーズチップセットの中で最も廉価な、エントリーグレードのチップセットになっています。

B550同様、チップセットによるPCIe 4.0のサポートはありませんが、CPUのPCIe 4.0もサポートされません。

互換性があるのは、第3世代Ryzenプロセッサ(3000シリーズ)と、第3世代Ryzen APU(4000Gシリーズ)、将来のZen 3アーキテクチャプロセッサとなっており、第2世代Ryzenはサポートされません。

nishikiout.hatenablog.com