Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Samsung、PCIe 4.0に対応し速度が最大2倍高速化した「Samsung 980 PRO SSD」を発表

f:id:doskokimeil127-dosd:20200830191827p:plain

錦です。

Samsungは、M.2 SSDである「Samsung 980 PRO SSD」シリーズを発表しました。

今シリーズでは、新たにPCIe 4.0に対応しています。フォームファクタは M.2 2280になっており、接続はPCIe 4.0 x4接続になっています。なお、PCIe 4.0を利用するには、第3世代RyzenとX570/B550の組み合わせ、あるいはRocket Lake-S(未発表)とZ490マザーの組み合わせなど、PCIe 4.0に対応したCPUとマザーが必要です。

容量 250GB 500GB 1TB
リード速度 6400MB/s 6900MB/s 7000MB/s
ライト速度 2700MB/s 5000MB/s 5000MB/s
ランダムリード 500K IOPS 800K IOPS 1000K IOPS
ランダムライト 600K IOPS 1000K IOPS 1000K IOPS
キャッシュメモリ 512MB LPDDR4 512MB LPDDR4 1GB LPDDR4
平均消費電力 5.0W 5.9W 6.2W
最大消費電力 7.0W 7.4W 8.9W
最大待機消費電力 35mW 35mW 35mW

今回の仕様はこの通りになっています。

熱に対する措置として、コントローラにニッケルコーティングと、NANDチップにヒートスプレッダーラベルがはられています。

コントローラには、次世代のカスタムされたElpisコントローラが採用されています。

実際の性能に関する情報として、TurboWriteテクノロジーを有効にしたIOmeterで、250GBモデルで500MB/s、500GBモデルで1100MB/s、1TBの場合は2000MB/sの転送速度を実現しているとのこと。PCIe 4.0の恩恵も受けており、PCIe 3.0と比較して2倍、SATA SSDと比較して12.7倍高速であるとしています。

キャッシュメモリは、512MB(250GB/500GBモデル)あるいは1GB(1TBモデル)のLPDDR4 SDRAMとなっており、ストレージには、Samsung V-NANDの3bit MLCが採用されています。

Samsung