Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

新型Surface Pro Xが刷新!新型SoC「Microsoft SQ2」を搭載したカスタムが登場

f:id:doskokimeil127-dosd:20201001221602p:plain

錦です。

Microsoftは、Surface Pro Xの刷新を発表しました。

Surface Pro X

Surface Pro Xは、Microsoftの2-in-1デバイスで、IntelプロセッサやAMDプロセッサではなく、独自のMicrosoft SQチップを搭載しているのが特徴です。独自のといえども、Qualcommのプロセッサをカスタムしたものになります。

新型Surface Pro Xは、筐体含め、多くの仕様は第1世代と共通していますが、変更された点があります。SoCとアウトカメラです。

今回のモデルには、Microsoft SQ2チップが搭載されています。Microsoft SQ2についての情報は限りなく少ない状態で、Microsoftは「マルチタスク性能が向上した」とするのにとどまっています。Microsoft SQ1のときはQualcommWindows向けSoC Snapdragon 8cxがベースとなっていました。現在、QualcommはSnapdragon 8cx Gen 2を発表してはいますが、8cx Gen 2は5G前提ですので、Surface Pro Xが5Gに対応していないところを見ると、おそらくは1世代目の8cxをベースとしているのでしょう。つまりSQ1をそのままパワーアップしたと見るのがいいでしょう。8cxは855をベースにしているので、アーキテクチャの世代的にはSnapdragon 855と同じ世代になるのでしょうか。GPUは、SQ1のAdreno 685から、Adreno 690にアップグレードされています。こちらもこれ以上の情報はありませんが、名称だけ見るとパワーアップされています。

アウトカメラでは新たに4K動画の撮影が可能になっています。

その他の仕様は以下の通り。

f:id:doskokimeil127-dosd:20201001225005p:plain
Surface Pro Xの仕様

新色

f:id:doskokimeil127-dosd:20201001222749p:plain
新色 プラチナ

第1世代では、マッドブラックのみでしたが、プラチナが追加され2色展開となりました。おおよそ白と黒ということでしょうか。

予約

Surface Pro Xは発表と同時に予約が始まっています。SQ1チップ搭載モデルは、税込価格は142,780円からとなっており、Microsoftのページから購入可能です。なお、SQ2チップ搭載モデルは、税込204,380円(16GB RAM/256GB SSD)からとなっており、予約注文という形になります。

発売は10月13日です。