Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

Intel、10nmプロセスを採用した「Ice Lake-SP」を発表 ~ 最大40コアの第3世代スケーラブルプロセッサ

f:id:doskokimeil127-dosd:20210324223206p:plain

錦です。

Intelは、第3世代スケーラブルプロセッサとなる「Ice lake-SP」を正式に発表しました。

Ice Lake-SP

今回発表されたのは「Ice lake-SP」というコードで開発されてきたサーバー向けCPUで、第10世代CoreプロセッサであるIce Lake-U/Yと同様に10nmプロセスを使用した「Sunny Cove」をベースにしています。Xeonシリーズでは初めて10nmが採用される製品となっており、同社のサーバー向け製品でも初めての採用になります。

第2世代Xeon SPである「Cascade Lake-SP」の後継シリーズになっており、「Cooper Lake-SP」とともに第3世代スケーラブルプロセッサとなっています。Cooper Lakeは4ソケット以上の大規模システム向けですが、Ice Lake-SPは1~2ソケットの比較的小規模なシステム向けのCPUになっています。

コア数は、現行の28コアから最大40コアに増加しますが、マルチチップではなくモノシリックダイのデザインを引き続き採用します。また、キャッシュやメモリを最適化していって、パッケージ全体で性能を向上させていきます。

AVX512の新しい命令セットが導入されて、暗号化・復号化の性能も大きく向上しています。

また、強化されたAIアクセラレータを内蔵しており、AIアクセラレーション、広範なソフトウェア最適化、ターンキーソリューションが組み込まれた唯一のデータセンター向けCPUとして、エッジからネットワーク、クラウドに至るすべてのアプリケーションにAIを注入することが可能になるとのことです。Intelは、これらによってAI性能は前世代と比較して74%向上すると主張している他、競合する先月発表された「AMD EPYC 7763」と比較して20の一般的なAIワークフローの組み合わせで最大1.5倍の性能を発揮するとしています。

Platinum コア数 ベース クロック シングル ブースト クロック 全コア ブースト クロック L3キャッシュ TDP Optane Persistent Memory対応 SGX Enclave USD 価格
8380 40 2.3GHz 3.4GHz 3GHz 60MB 270W 512GB 8,099ドル
8368Q 38 2.6GHz 3.7GHz 3.3GHz 57MB 270W 512GB 6,743ドル
8368 38 2.4GHz 3.4GHz 3.2GHz 57MB 270W 512GB 6,302ドル
8362 32 2.8GHz 3.6GHz 3.5GHz 48MB 265W 64GB 5,448ドル
8360Y 36 2.4GHz 3.5GHz 3.1GHz 54MB 250W 64GB 4,702ドル
8358 32 2.6GHz 3.4GHz 3.3GHz 48MB 250W 64GB 3,950ドル
8358P 32 2.6GHz 3.4GHz 3.2GHz 48MB 240W 8GB 3,950ドル
8352M 32 2.3GHz 3.5GHz 2.8GHz 48MB 185W 64GB 3,864ドル
8352S 32 2.2GHz 3.4GHz 2.8GHz 48MB 205W 512GB 4,046ドル
8352V 36 2.1GHz 3.5GHz 2.5GHz 54MB 195W 8GB 3,450ドル
8352Y 32 2.2GHz 3.4GHz 2.8GHz 48MB 205W 64GB 3,450ドル
8351N 36 2.4GHz 3.5GHz 3.1GHz 54MB 225W 64GB 3,027ドル
Gold コア数 ベース クロック シングル ブースト クロック 全コア ブースト クロック L3キャッシュ TDP Optane Persistent Memory対応 SGX Enclave USD 価格
6354 18 3GHz 3.6GHz 3.6GHz 39MB 205W 64GB 2,445ドル
6348 28 2.6GHz 3.5GHz 3.4GHz 42MB 235W 64GB 3,072ドル
6346 16 3.1GHz 3.6GHz 3.6GHz 36MB 205W 64GB 2,300ドル
6342 24 2.8GHz 3.5GHz 3.3GHz 36MB 230W 64GB 2,529ドル
6338 24 2GHz 3.2GHz 2.6GHz 48MB 205W 64GB 2,612ドル
6338N 32 2.2GHz 3.5GHz 2.7GHz 48MB 185W 64GB 2,795ドル
6338T 24 2.1GHz 3.4GHz 2.7GHz 36MB 165W 64GB 2,742ドル
6336Y 24 2.4GHz 3.6GHz 3GHz 36MB 185W 64GB 1,977ドル
6334 8 3.6GHz 3.7GHz 3.6GHz 18MB 165W 64GB 2,214ドル
6330 28 2GHz 3.1GHz 2.6GHz 42MB 205W 64GB 1,894ドル
6330N 28 2.2GHz 3.4GHz 2.6GHz 42MB 165W 64GB 2,029ドル
6326 16 2.9GHz 3.5GHz 3.3GHz 24MB 185W 64GB 1,300ドル
6314U 32 2.3GHz 3.4GHz 2.9GHz 48MB 205W 64GB 2,600ドル
6312U 24 2.4GHz 3.6GHz 3.1GHz 36MB 185W 64GB 1,450ドル
5320 26 2.2GHz 3.4GHz 2.8GHz 39MB 185W 64GB 1,555ドル
5320T 20 2.3GHz 3.5GHz 2.9GHz 30MB 150W 64GB 1,727ドル
5318N 24 2.1GHz 3.4GHz 2.7GHz 36MB 150W 64GB 1,375ドル
5318S 24 2.1GHz 3.4GHz 2.6GHz 36MB 135W 512GB 1,667ドル
5318Y 24 2.1GHz 3.4GHz 2.6GHz 36MB 165W 64GB 1,273ドル
5317 12 3GHz 2.6GHz 3.4GHz 18MB 150W 64GB 950ドル
5315Y 8 3.2GHz 3.6GHz 3.5GHz 12MB 140W 64GB 895ドル
Silver コア数 ベース クロック シングル ブースト クロック 全コア ブースト クロック L3キャッシュ TDP Optane Persistent Memory対応 SGX Enclave USD 価格
4316 20 2.3GHz 3.4GHz 2.8GHz 30MB 150W - 8GB 1,002ドル
4314 16 2.4GHz 3.4GHz 2.9GHz 24MB 135W 8GB 684ドル
4310 12 2.1GHz 3.3GHz 2.7GHz 18MB 12W - 8GB 501ドル
4310T 10 2.3GHz 3.4GHz 2.9GHz 15MB 105W - 8GB 555ドル
4309Y 8 2.8GHz 3.6GHz 3.4GHz 12MB 105W - 8GB 501ドル

メモリは、6chから最大8chに増加。メモリ企画もDDR4-3200に強化されています。もちろんECCメモリにも対応しています。ソケットあたりの最大メモリ容量は、DDRメモリで4TB、Optane Persitent MemoryとDDRを組み合わせることによって最大6TBまで増幅することができます。

PCIeレーンについても強化されており、ソケットあたり64レーンに強化。更に企画がPCIe 4.0になっています。

AIの話について性能を追加すると、前述の通り20のワークフローにおける、ディープラーニングとマシンラーニングの処理について、Zen 3ベースの「EPYC 7763」比1.5倍、「NVIDIA A100」比1.3倍の性能を持っているとのことです。

ちなみに「EPYC 7763」ではAVX-512命令セットが導入されておらず、この点において性能が上回っている可能性があります。