Nishiki-Hub

自由に 柔軟にをモットーに テック系 グルメ系 ゲーム系の情報をまとめていきます!

【iOS12】スクリーンタイムを紹介 使えばスマホ依存解消するかも

錦です。

今秋登場するiOS12ですが、その目玉機能のひとつとして「スクリーンタイム」というものがあります。これがまぁなかなか強い

スクリーンタイム

スクリーンタイムは、iOS12に新たに追加される使用時間管理機能です。

時間を決めてその時間はアプリの実行を制限したり、一週間の使用時間の管理ができたりします。

時間管理

まず、時間管理機能を紹介します。

このように、その日使っている時間、そしてどんなアプリを使っているかが表示されます。これの場合、エンターテインメント(YouTubeなど)を利用する時間が1番長く、それに次いでSNS(Twitterなど)、そしてその他。

ゲームしてないんですよ(さっきまでマイクラをパソコンでしてたけど)。

アプリごとには出ないの?と疑問を持たれる方もいるかもしれません。

はいこの通り。iPhoneの名前(画像ではNishiki)を押すとこの通り、アプリごとそして、過去1週間の時間も確認することが可能です。

特にSafariは、どのサイトにどれだけ滞在したかなども表示できます。

このアプリごと時間がでるページから各アプリの名前を押すとこのように

アプリ自体のグラフとアプリの情報、そして「制限の追加」というボタンも出現します。

制限については後に紹介します。

ついでにですがこの制限の追加ボタンは、

サイトごとのページにも表示されます。

そして、スクリーンタイムの管理機能としてはあと「持ち上げた回数」「通知が来た回数」もカウントされます。

制限

スクリーンタイムには、管理とともに制限する機能もあります。

休止時間を設定すると、その時間は許可したアプリしか起動出来なくなります。

初期上では、電話 メッセージ マップ そして表示は崩れていますがFaceTimeが許可されています。(電話 メッセージアプリは、機種により無いものもあります。)

なお、機能制限の機能は、iOS12にて廃止されています。

では1度このスクリーンタイムの制限を試してみましょう。

このように制限されるアプリはアイコンが暗くなります。インストール中のように。

で、一応開くことはでき、

このようになります。

で、制限を無視を押すことで開くことが出来ますが、設定すればパスコードを利用することが出来ます。

制限の時間は 何時から何時まで というものと、アプリを使い始めてから何分 というもののふたつとなります。

詳しい使い方はiOS12が正式に出たあとにしましょうか。

編集長 NKIIB
編集長 HP