ニシキのソフトウェア情報局

ソフトウエアなど、ITに関する情報をまとめています。

消費者庁から警告「050」からはじまるワン切りに注意!!

錦です。 最近、AppleGoogle、Yahooなどを語ったフィッシングメールやフィッシングコールが流行っています。 そんななか、新しいフィッシングコールが流行っています。 手口は、メールで料金未納とおくり、着信履歴を残し、発信すると同様の額を請求されます。

消費者庁の発表によると、架空請求を行ったとされる事業者は「株式会社日本債権」「TSB債権回収」「CIC債権回収センター」で、SMSやメールには電話番号や事業者名以外の情報は記載されていないため、所在地や代表者ともに不詳となっています。

いずれも実在する会社に似た社名のため騙された消費者も多く、2016年秋から今年3月末までの間に、消費生活センターなどに14件の相談が寄せられました。

身に覚えのないものに払うな!

今回のワン切りのはじめの3桁は「050」とネット回線を利用した電話番号で、普通こんなところから電話がかかってくることはまずないです。

もし、困った時は、

消費者ホットライン 電話番号 188(局番なし) 警察相談専用窓口 電話番号 #9110(局番なし)

なんども言いますが、身に覚えのない請求に払う必要はないですから、こまったらホットラインに電話しましょう!

最近は、apple語りのフィッシングメールが目立ちます。こちらも注意しましょう。

Soruce:消費者庁(PDF文書)